「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2018年1月のバックナンバー

死ぬということ

2018年1月31日

評論家の西部邁さんが自殺されました。

78歳でした。

論客が自分の死は自分で決めるという選択をされたことに敬意を表します。

本人の意思とは関係なく病院のベッドで多くの管につながれ、ただ生きているというだけの余生に何の意味があるのか。

元気で活動できるならともかく、植物人間として100歳まで生きて誰が嬉しいか、認知症で家族すらわからなくてそれでも生き続けたいと思うのか。

私もけっして他人ごとではないと思います。

以下、五木寛之さんの「孤独のすすめ」から引用です。

 

「ピンピンコロリ」が、ひとつの理想の死に方だと言われてきました。

しかし、そんな状態で逝ける人は、実際にはごく少数派でしょう。

医療技術の長足の進歩の結果、私たちは簡単に死ぬことができなくなりました。

すでに外界の刺激に反応することもなく、自らの力で食べることも飲むこともかなわず、胃袋に直接通したチューブから栄養を摂取して、植物状態で生きる。

現在もそういう状態で病院にいる人は少なくありません。

「人生百年時代」には、どれほどの数に上るのか、見当もつかないくらいです。

そうした状態でも、私たちは生きていたいのか。

敢然と「ノー」を突きつける人も、徐々に増えてはいます。

しかし、いわゆる「尊厳死」がこれだけ長い期間議論されながら、日本ではいまだに法的には未整備ですし、社会的容認にはほど遠いのが現実です。

人は、自分の意志とは無関係に、この世に生まれてきます。

ならば、しかるべき人生を全うした後に「退場」する時ぐらいは、自分の意志で決められないものだろうか。

私は、そんなふうに考えることがしばしばありました。

「日本人の生と死」をマクロで見つめてみると、また別の「新たな局面」も見えてきます。

日本の人口問題を語るキーワードが、「少子高齢化」から「人口減少」に移行しつつあります。なぜ人口が減るのか。

当面の主たる原因は、「子どもが多く生まれない」からだけではなく、「高齢者が死ぬ」からです。

これまで、「高齢化」という言葉の陰に隠れて、その事実が見えにくかったような気がします。

「人間、いつかは死ぬ」のです。

しかも、これからの日本で間違いなく起こるのは、超高齢社会につづく、未曽有の「大量自然死」の時代です。

           『孤独のすすめ ~人生後半の生き方』五木 寛之 著(中公新書ラクレ)

 

★地域の病院から紹介されて私が通院した国立横浜医療センターの若い女性医師は 1年間一回も私の顔も見ず、脈も取らず、聴診器もあてず、ひたすら電子カルテを打ち込むだけで、

糖尿だから糖質はダメ、米、 パン、うどん、そば、とんでもない

高血圧だから 塩、 醤油、ダメ

果物ダメ、 長生きしたいと思ったら全部ダメ、 というので

それなら何を食べればいいんですかと質問したら

薬だけ飲んでいればいいんです、と言い放ちました。

憤然と席を立って出てきました。

患者をただ薬を消費する動物としてしか見ていない医師に見えました。


さて一方で超高齢社会は中高年世代の自覚も必要と五木さんは説きます。

年よりはいたわられるものではなく、年よりでも果たすべき責任や自覚が必要と説きます。

さらに引用続けましょう。

 

「老人階級」が階級として世の中に受け入れられる条件。

それは、不可能とも思えますが、「自立すること」につきると思います。

まず一定以上の収入のある豊かな人びとは、年金を返上すればよい。そこは制度的に判定できるはずです。

何歳になろうとも、働ける人は働く。そして、十分な収入があるのなら、そのぶん年金は減らすようにするのです。

年金をもらわないことを「損だ」と考えるのではなく、ちゃんと社会に還元するのだ、と考える。

二つ目の提案は、「選挙権の委譲」です。

今の日本では、投票率は年齢が高くなるほど高まる傾向が顕著です。

ですから、政治家は高齢者に有利な政策を並べ立てることになる。

もちろんそれは、投票に行かない若者たちの責任でもあるのですが、それはそれとして、 高齢者の側があえて選挙権を後の世代に「譲る」度量を持つべきだ、と私は思うのです。

実際に、経済をはじめとする国の屋台骨を支えているのは、勤労者世代です。

若者たちには、これからその役割を担っていってもらわなくてはなりません。

そういう人たちがよりよい生き方をできなかったなら、国は衰退していくでしょう。

逆に言えば、下の世代が安心して働き、暮らせる環境があってこそ、「老人階級」の生活も保障されるのです。

高齢者には、年の功があるでしょう。しかし、判断力が鈍ったり、柔軟な思考ができなくなったりと、「有権者」として心許ない現象が顕著になってくるのもまた、認めなくてはならない「不都合な真実」ではあります。

少なくとも百歳以上の高齢者が、自主的に選挙権を返上することは認めていいのではないでしょうか。

また、超高齢者の選挙権を悪用されているケースも少なくない。

          『孤独のすすめ ~人生後半の生き方』 五木 寛之 著(中公新書ラクレ)


高齢社会の 生き方、死に方が真剣に問われています

 

近くの人より遠くのメル友

2018年1月30日

新聞でこんな歌が紹介されていました。

あたらしい  メールがきみに  届くたび  目のまへにいる  ぼくはうすれる


家族のだんらんでも恋人の会話でも、目の前にいる人よりもスマホ画面に神経を集中しているさまが浮かんできますね。
スマホの中の世界が目の前のリアルより大切というのはこれだけにとどまりません。

自分の目や耳で実体験することよりもスマホで調べたことの方が事実と勘違いしている人も多いようです。

現実の真贋を見極める訓練もなくしてスマホの真実なんかわかるわけないんですけどねえ。

 

西村晃が考える「2018年キーワード」

2018年1月29日

★2018年は 「はじまりのとき」
2017年に総選挙が行われ、戦後初めての憲法改正もいよいよ正式な議論が始まりそうです。天皇退位が正式に決まり、新天皇・新元号のもと新生ニッポンのお披露目こそ東京オリンピックということになります。
オリンピック後、後期高齢者が一気に増加し日本の将来は前途多難です。
だからこそ、明治維新、第二次世界大戦後にも匹敵する大改革が必要です。
2018年は、これからの日本の針路を決める「はじまりのとき」と位置付けなければなりません。

★「は」とは「働き方」。
高齢社会の進展で若年層を中心に労働力不足が今後慢性化します。
60歳定年制を見直し、65歳から75歳までを労働力としてつなぎ留め、並行して年金制度の改革を行い、高額所得高齢者は年金受給権を放棄するといった大胆な提案をしなければならないと思います。女性の職場進出の機会拡大とともに出生率を上げる努力も同時に進める必要があります。
老人介護や保育の分野で外国人労働力を求める動きも出てきます。
しかし日本人が減る中で、国内に住む外国人が増えてゆくことで、市民権、参政権、国籍変更をどうするか、これまで閉鎖的だった日本では手付かずだった課題にも取り組む必要が出てきます。

★「じ」とは「人工知能」。
AI(人工知能)の開発と多方面での採用が本格化します。労働力を補ったり、介護の現場などでロボットの力を借りなければなりません。またクルマをはじめ交通機関や物流など社会インフラの多方面で、あらゆる場面を想定し機械自らが対応を考え、処理する必要が出てきます。人工知能搭載の様々な機器が私たちの生活を支えるようになります。

★「ま」とは「満足の提供」
まもなく世帯数の半分近くが「主たる収入は年金」という時代になります。
1800兆と言われる個人金融資産の大半は中高年が持っているとはいえ、定期収入が年金だけになれば、毎月の生活は「年収250万以下」のレベルで節約し、貯金を取り崩すのは冠婚葬祭や孫たちとのレジャーなどの時くらいという生活が大勢です。「節約ときどきぜいたく」という中高年の財布のヒモを緩ませるには「心の満足感の提供」が欠かせません。
定年後自分史を出版すると300万円くらいかかりますが、説明会には白髪の方々が集まります。テレビ番組「人生の楽園」ではリタイヤ後に古民家を借りてカフェなどを始めた夫婦が毎週登場し、近所付き合いなどを通して豊かな老後を送る姿が紹介されています。
高いか安いかではなく、日々の生活は地味でも持っている貯金を取り崩しても手に入れたい満足とは何か。「人生の楽園」を求めている人は多いはずです。

★「り」とは「リスクを前提にした発想への転換」
北の脅威もさることながら震災に風水害などリスクと隣り合わせの毎日です。
「運悪くリスクに遭遇する」という発想を捨てなければ経営が成り立たなくなってきています。リスクに直面して「想定外のことが起きた」と言ってみてもそれで会社をつぶしても誰も誉めてはくれないのです。
これからは、地政学的、気象学的リスクに加えて日本の国力自体も不安定になります。取引先企業が突然不祥事を起こし、生産が中止になって部品供給が行われないということも十分可能性があります。リスクの可能性があるのに未然に対策を考えておかない経営者は無能の誹りを免れられません。

★「の」とは「のんき=時間消費の提案」
毎日が日曜日というシニア層は当然として、私は日本人が働きすぎというのは当たらないと個人的には思っています。
お金を使わせる提案よりも、時間を使わせる提案のほうが受け入れやすい環境になってきているのではないでしょうか。
キャンピングカーでの長期ドライブ旅行を楽しむ人は増えていますし、マラソンやトレッキング、ウォーキング、トライアスロン、サイクリングなどのイベントに参加しようと遠くまで出かける人も目につきます。
大人の音楽教室で楽器を習う人、写真や写生、俳句など趣味に興じる人も大勢見受けます。


キーワード「はじまりのとき」のラスト2つは

★「と」とは「トランプ」、そして、
★「き」とは「北朝鮮」です。
政権の座に就いてから、何処の国との首脳会談もしてこなかった金正恩に、話し合い解決というカードはありません。金日成、金正日、ヒトラーでさえ同盟国首脳とは話し合いを持っていたことを考えれば、最悪の指導者と言わざるをえません。核とICBMの開発を止める気配を見せない以上、米朝軍事衝突は時間の問題だと思います。2018年は中間選挙もありアメリカ国内での行き詰まりを打開する意味でも、トランプ大統領が軍事カードを使う可能性は大きいでしょう。その時に日本と韓国に火の粉が降りかかる危険性は大いにありますし、大量の難民の流入と、そこに紛れこんでくるテロリスト対策で日本が大混乱に陥り、オリンピック開催さえ危ぶまれるというのが最悪のシナリオです。

キーワードのなかに「リスクを前提に」と入れましたが、2018年最大のリスクはまさにこれに尽きると思います。

とかくトラブルが多い昨今、参考になる文章を見つけました

2018年1月29日

動物は無用な戦いもやりません。
戦うときは獲物を獲るときか、自分を守るためです。

たとえば、高速道路で「煽り運転」を仕掛けてくるような輩は普通の神経ではありません。
したがって争わずに無視するか、逃げるしかない。
まして家族が一緒であればなおさら、危険な相手と喧嘩したところで一文の徳にもならない。

盛り場で肩が当たったとかどうかでやり合うのもそう。
相手をやり込めても全然得るものがない。

日本人には、この「得にならない」という意識が比較的薄い気がします。
損得で物事を考えるのはべつに悪いことではない。

パワハラ上司や粗暴なクラスメートにいじめられた挙げ句に自殺するなどアホらしい、と心の底から思えるかどうか。

正常な損得勘定が働かないがゆえに死んでしまう人がいるという問題の本質を、もっと真剣に考えたらよいと思う。

学校や職場で自殺を考えるほど追い詰められているなら、やはり転校や転職を考えるべきです。

ところが恐ろしいことに、苦しんでいる人ほど「いま自分のいる場所がすべてである」と思い込んでしまうのです。


          Voice 2018.1月号「自殺する前に逃げよ」百田尚樹 氏 より引用


 

エコ? エゴ?

2018年1月29日

経済を意味するエコノミーという言葉には合理的、経済的とか割安という意味が含まれます。
年末の回覧板でエコの立場からゴミ削減でしめ飾りを減らしましょうという呼びかけを見ました。

包装紙もムダ、レジ袋やめてエコバッグ
店舗よりはネット販売
小銭より電子マネーにすれば財布も要らない  
コンビニは無人レジ
本を読むならブックオフ
新聞は紙代も印刷代もムダ、販売店もムダだから電子新聞
クルマなんか持つ必要なくカーシェアリング
結婚なんて、ムダの極みだからおひとりさま
子供なんてムダのきわみ
一日1回サプリを飲めば食事はしなくて済むからムダ削減

合理性の追求はいくらでも進む。
エコはすばらしい。
あれ?
それで経済は成長するのかしら?

 

スポーツってなんなのさ

2018年1月24日

オリンピックをめざすカヌーの選手が、ライバルの飲み物に禁止薬物を入れたという事件、なにか悲しさばかりが目立ちます。

そんなことして何になる?

それで勝ってどういう意味があるのかと周囲は思いますが、週刊誌報道ではそこまで追い込まれる家庭環境のプレッシャーもあったようです 。

義父の過剰なまでの期待に応えないと家族崩壊と考えたようですね。

批判されるまでもなく、本人は悪いと思って承知のうえでやっています。

追い込むと危険です。

個人の事情も複雑ですが国の事情もまた魑魅魍魎の世界。

もう一つ、朝鮮統一チームの話も政治に翻弄されて選手はいい迷惑ですよ。

国家的ドーピングの話にしても、純粋なスポーツマンシップなんて絵に描いた餅。

冬の韓国そして夏の東京と身近なはずのオリンピックが色あせて見えてしまうのが哀しいですね。

 

 

ところ変われば・・・

2018年1月23日

新聞で興味深い記事を見つけました。
あの「タニタ食堂」曲がり角?塩分摂取多い秋田は閉店へ、というのです。
 
産経新聞によると、「1食約500キロカロリーの健康定食」で爆発的な人気を得たタニタ食堂ですが、秋田市の「あきたタニタ食堂」の客足が伸びず、全国10店あるフランチャイズ(FC)店で初めて、3月いっぱいでの閉店が決定したそうです。

健康計測機器メーカーのタニタは平成24年1月に、タニタ食堂の1号店となる丸の内タニタ食堂をオープン。本社の食堂のメニューを再現したヘルシー定食をオフィス街で提供するというコンセプトが当たり、女性のビジネスパーソンを中心に連日、長蛇の列ができる盛況となりました。

その後、東北から九州まで全国にFC店を広げ、あきたタニタ食堂は26年12月、市中心部の商業施設内にオープンしました。
 
開店当初こそ盛況で、県や秋田市とタイアップした健康セミナーなども随時、行っていた。だが、次第に客足が落ち「想定の半分程度だった」と運営元のあきた食彩プロデュース(秋田市)の担当者は話します。
「過疎化と高齢化、喫煙や飲酒、塩分摂取量の多さなど食生活で予防ができていない」(秋田大学医学部附属病院の羽渕友則院長)という県民性が背景にあるのではと新聞では分析しています。

秋田県のホームページによると、「秋田県の食塩摂取量(成人)は全国平均より高い状況」だそうです。そこで、国の目標の成人男性1日8グラム未満、成人女性同7グラム未満に対し、秋田県は平成34年までに県民の摂取量を同8グラムにする目標を立てています。
「せっかく外食するなら、健康に気を使うより手の込んだものを食べたいと考える人が多いのかもしれない」と、あきたタニタ食堂では見ているそうです。

地域によって味付けの伝統もあり、健康志向というだけでは一筋縄ではいかないところにビジネスとして展開する難しさがあります。

 

1800兆円と200万円のはざまで

2018年1月22日

私も60歳を過ぎて病院通いがスケジュールでかなりのウエイトを占めるようになった。

30代の頃、放送局の職場で深夜の生放送を担当していたから、帰宅は深夜2時、就寝3時、朝8時には起きて9時に出かけて昼間は取材・・・。

時間外手当は200時間分はもらっていただろう。

働き盛りで疲労は感じなかったが、労働時間が長いと一日5食は食べる。番組前にスタッフと打ち合わせを兼ねて一回目の夕飯、帰宅後もの足りず2回目の夕飯に寝酒といった具合だ。

健康診断で糖尿病と判定されて20年以上薬を飲んでいる。おまけに最近早朝高血圧症であることがわかった。

特に冬の朝は200近い。

さらに緑内障も、というわけで近年通院回数が増えたわけだ。

大きな手術や入院こそまだないが、普通の月で病院支払いと薬代で2万円くらいが消えてゆく。

年間にすれば20万円以上だ。

厚生年金を満額近くもらえる人だと年収は税引きで200万円くらいだから、仮に私が年金だけで暮らしていれば、収入の1割は医療費で消えてゆくことになる。

一方でこういう数字もある。

我が国の個人金融資産は1800兆円もあると言う。

実はこの8割くらいは50代以上が保有している。

大雑把に言えばこの国で金持ちとは年配者の事、と言っても過言ではない。

もちろん若い人でも医師や弁護士、IT関係などで高額所得者はいるだろう。

ただそういう人たち個人は富裕者ではあっても、社会全体で富裕層ととらえるのはやはり高齢者ということになる。

また50代と60代を比べると60代になると保有資産はほぼ倍増する。

それはほとんどの高齢者が資産を退職金で増やしているからだ。

50代ではまだこどもの教育費が残り、住宅ローンもある。

それが60代になれば子供も独立、退職金でローンも完済して、通帳の数字上もあるいは気分的にもようやくゆとりが感じられるということだろう。

私は今日の消費感覚は「節約時々贅沢」であると思う。

いま世帯数で見るとだいたい10軒のうち3軒が年金暮らしで、地方に行くほどこの割合は高まる。

こういう家庭では金融資産は持っていても、日々の生活費ではなるべく貯金は取り崩さず、年金収入で賄おうとするはずだ。

将来の病気に備えたり、老人ホームに入ることなども考え、虎の子の貯金には手を付けたがらない。

ただ、たまの旅行や孫たちへのプレゼント、あるいは冠婚葬祭の時には蓄えから支出する。

日頃の年金暮らしとハレの日の消費。

この両面性がシニア消費の本質だと思う。

隔月の年金支給日のスーパーを覗いてみると、そうした日本の消費の今が見えてくる。

この日を待ちわびて高齢者が一斉にスーパーに押し寄せ大変な混雑だ。

我が町にこんなに高齢者が住んでいたのかと今更ながらに驚く光景である。

店側もこの日に合わせて特売を仕込む。今日の消費者の実態をよく計算している。

いま日本経済はおおむね好調とは言いながら、消費は外国人観光客向けを除けば低迷と言われる。

それは、消費者の高齢化による年金暮らし世帯の増加と関係があると私は考える。

年金暮らしでは好景気による所得増も関係ないのだ。

2017年は前期高齢者の数が減り始めた年だった。

そして2018年は後期高齢者人口が前期高齢者人口を上回り始める。

東京五輪が終わった後2024年には、団塊の世代がほぼ全員後期高齢者年齢に達する。

一般に後期高齢者になると、日々の活動が鈍りだすと言われる。旅行など外出が減れば、当然消費支出は衰えてゆく。

主たる収入は年金という家庭は、2020年以降10軒のうち4軒へと近づく。

主たる支出は医療費と介護関係費という家庭が増えるという現実に向き合わなければならない。

 

 

現実を受け入れ対策を! ウナギ1%の現実

2018年1月16日

一般の人にはあまり知られていませんが、この時期はウナギの稚魚、シラスウナギの採取が行われる時期です。

しかし今年はこれが大不漁なんです。

国内外での漁獲量が前期の同じころと比べて1%程度と低迷しているそうです。

このまま推移すれば過去最低の漁獲量となりかねません。

今夏のウナギが値上がりするのは必至で、かば焼きは食卓からますます縁遠くなりそうです。

来年のワシントン条約締約国会議で国際取引の規制対象とするよう求める声も高まりそうです。

最初に漁が始まる台湾の今期の漁獲量は、前年の同じ時期と比べ100分の1程度に低迷、中国でも同レベルだといいます。

水産庁によると池入れと言って、一昨年は11、12月の2カ月間で約6トンのシラスウナギが国内の養殖池に入れられたが、今期はまだゼロ。
「漁の始まりとして良くないのは確かだが、これから漁が本格化する。今後の推移を見ないと何とも言えない」と水産庁で言っていますが、絶滅危惧種ともいわれるウナギの将来はかなり暗いと言えます。

イカなど他の水産資源も同様に大不漁が続いています。

水産資源との付き合いに大きな変化が生じています。

一過性と思わず抜本的な対策を考えなければなりません。


 

平昌五輪を巡る駆け引き

2018年1月15日

北朝鮮の平昌五輪参加が決まりました。
どうも3月18日のパラリンピック閉会までは、朝鮮半島有事はなさそう、ということになってきました。
また、アメリカは副大統領を派遣する方向ですが、
国家ドーピング問題でロシア選手団の派遣はできそうにありません。
また日本は安倍総理が、韓国との慰安婦問題で開会式出席は見送られる方向・・・・。

という具合に五輪を巡る政治の賭け引きが今回も繰り返されています。

問題は2年後です。
2020年東京五輪の年はアメリカ大統領選挙の年です。
そこまでトランプが北朝鮮に何もしないままでいるとは思えません。
彼はクリントンとオバマが北朝鮮を野放しにしてきたツケが今日のICBM開発につながったと断じ、「俺は甘やかさない」と豪語してきました。
大統領選挙劣勢の中で「北転覆カード」を切る可能性は高いと思います。
そうすると北朝鮮有事を想定した国家間での駆け引きの中で東京五輪を迎えることになります。

今回以上に外交カードとしてオリンピックが使われる可能性は大きいのではないでしょうか。

 

1  2