「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2018年2月のバックナンバー

散々たたいた後はすっかり五輪に...テレビの見方を考える

2018年2月27日

上記のタイトルで相撲解説者の舞の海秀平さんが新聞に寄稿しています。
まずは、その内容をご覧ください。

 

相撲協会を散々たたいた後はすっかり五輪の話題に移ってしまった。
テレビの情報番組は相変わらず節操がない。
この数カ月で相撲協会は完全に悪者にされてしまった。
角界の話題は安定した視聴率が取れるのだろう。
横綱の暴力事件に始まり、立行司のセクハラ疑惑や十両力士の無免許運転の疑いなどが発覚するたびに大騒ぎ。
そして、これまで関心を示さなかった理事候補選挙の当落予想まで大々的に取り上げられた。
ところが、講演の仕事で全国を訪れてもあまり不祥事に関する質問を受けることはない。
本当に相撲が好きな人はあまり関心がないのか。
一連の騒動に怒っている番組の出演者はそれほど相撲が好きではないのかもしれない。
テレビのご意見番は「こんなことがあると、相撲を見るのが嫌になる」などと憤ってみせるが、初場所は15日間満員御礼。
早朝に国技館の前を通ると、大勢が当日券を求めて列をなしていた。
悪がはびこる相撲協会に正義感の強い1人の親方が改革を掲げて立ち向かっていくという構図を、情報番組はつくりあげた。
しかし、その親方の部屋の元力士が地位確認を求めている裁判はほとんど報道されない。
その件を知らないのか、いや知っていても見たくない、触れたくないのだろうと怪しんでいる。
自分たちがつくったストーリーにそぐわないからか。改革という言葉だけをもてあそびながら、その中身は掘り下げようともしない。
現役時代の活躍が申し分のない選手であれば、その人格も優れていると視聴者は思いがちである。
しかし、歴史に残る作品を書いた小説家の人格が高潔であるとは限らない。作者と作品は別物と考えた方がいい。わが身を省みて強く思う。
それまで一度も会ったことがない方から「舞の海さんはいい人ですよね」とよく言われる。
小柄な体格で闘っていた姿からそう思うのだろう。だが、私も人を恨む気持ちや嫉妬心はいまだに持っており、自分の人間性にほとほと失望している。
ここが大一番とばかりにあおった理事候補選で注目の親方が落選したという速報を聞くと、情報番組の出演者たちは大げさに落胆までしてみせた。
完全に片棒をかついでしまっていることに気がつかないのだろうか。
この手の話題だからまだいい。有事ともなれば、国の行く末を見誤りかねない。
まじめな視聴者は押しつけられた一方的な情報をうのみにし、自らの考えとして触れ回る。
これからも情報番組は私たちを少しずつミスリードしていくのだろうか。

                            (元小結 舞の海秀平 産経ニュース 2018.02.22)


★貴乃花親方に対する評価はともかく、テレビが朝から晩まで相撲協会理事選挙の票読みまでする必要があるのか、オリンピックまでのニュースの冬枯れ対策に過ぎないと思っていて同感に思いました。

不倫問題だろうが、相撲問題だろうが、北朝鮮だろうが、要はなんだっていいのです。
視聴率が取れると思えば、それが国や社会への影響があろうがなかろうが関係ない。

ニュースは消費材であり、次のテーマが見つかるまでの使い捨てカイロのようなものという低俗な発想がこの国を歪めていることに戦慄を覚えます。

ワイドショーのコメンテーターという輩は大学教授からお笑いタレントに至るまで、そのスタジオの席をプロダクションからあてがっていただいているのだから、政治家の悪口は言えてもテレビ局の悪口は口が裂けても言えない立場です。

これで正義の味方のジャーナリスト気取りをしているのですから、噴飯ものです。

テレビ離れと言いますが、賢明なる視聴者はこのメディアに見切りをつけ始めた健全な現象だと理解します。

 

 

 

 

団体戦は日本のお家芸

2018年2月26日

平昌五輪で日本が取ったメダルの中でとりわけ興味深かったのは女子スケートパシュートの金メダルです。
選手個々の力ではオランダに見劣りがする日本チームが団体戦で勝つために、チームワークを徹底的に磨き上げた結果勝つことができたのです。
同様の例として、夏季五輪でメダルを取った男子400メートルリレーもあげられます。
個々の選手は当時100メートル10秒を切る選手はいなかったのに、バトンパスなどの技術を磨いて渡り合いました。

こうした発想法は日本経済にも言えることです。
戦後の日本経済は政府主導のもと多くの同業者が棲みわけられるような共存共栄の体制を長らく維持してきました。
自動車メーカーにせよ、電機メーカーにせよ、あるいは都市銀行にせよ多くの企業が並び立つ経済の構造は世界にも例がないものでした。

しかしバブル崩壊後、平成の30年の間に護送船団方式と呼ばれたこうした日本経済に特質は失われ弱肉強食の構造へのシフトが始まりました。
それでもまだトヨタを頂点とする多くの系列部品メーカーというような中小企業のピラミッド構造は維持されています。
しかし今後電気自動車の時代になればガソリン車と比べて部品点数は半数以下になるというように、この系列も崩壊してゆく可能性があります。

アップルなどのように価格さえおりあえば世界どこからでも部品を調達する会社が腕力で経済を牛耳る時代、アマゾンのように問屋などの流通を飛び越えてネット消費者につながる時代、個々の実力では日本企業が太刀打ちするのは容易ではありません。

どうやって日本のお家芸を磨き日本チームの総合力で上回るか、まだ手はあるぞ、と教えてくれた金メダルでした。

 

人工知能には恐怖心がない

2018年2月23日

国民栄誉賞を授与された将棋の羽生善治さんが著書で次のように述べています。

コンピュータ将棋で言われるのは、人工知能には「恐怖心がない」ということです。
棋士がしばしば口にする感想に、「将棋ソフトの指す手には、人間から見ると、違和感を覚える手が多い」というものがあります。
通常なら怖くて指せないような、常識外の手を人工知能は指してくるのです。もちろん、将棋ソフトについて言うなら、人間の持つような盲点がない分、自由に手を選べるということでもあるでしょう。
しかし、人工知能が社会に進出してきたら、どうでしょうか。
特に人口知能ロボットのような事例を考えてみると、「恐怖」を覚えないのは社会生活を営む上で、そもそも困難を来すように思います。私たちが道路で車にぶつからないように歩いたり、エスカレーターの前でしっかり歩みをステップに合わせられたりするのは、煎じ詰めれば「恐怖」で危険を察知できるからです。
また、ブラックボックスの話のときと同様、人工知能がさらに大きな進化を遂げ、社会的な意思決定を任せられるようになったらどうでしょう。人工知能が人間では受け入れがたい、危険な判断をする可能性もゼロではないように思うのです。

          『人工知能の核心』羽生善治 NHKスペシャル取材班(NHK出版新書)
 

株のシステム売買などでも人間の取引感覚では考えられないような取引で乱高下しがち。

人間がいかにAIと共存するか、新しい秩序つくりを急がねばなりません。

元京丹後市長 中山泰氏にアドバイザー委嘱、新取締役に薬剤師 齋藤恵美子氏内定

2018年2月22日

「GS世代研究会」の事業会社「㈱グッドセレクト」では、元京丹後市長の中山泰氏にアドバイザーを委嘱することになりました。
自治体に幅広い人脈を持つ中山氏に全国自治体に「GS世代研究会」並びに「㈱グッドセレクト」の事業を紹介していただき、特産物の販路拡大などを進めてゆきます。
同じくアドバイザーで百貨店出身の三浦務氏と連携することにより、地方産品を東京などで販売する新たなルートを作ります。
 
さらに薬剤師の齋藤恵美子さんが「㈱グッドセレクト」取締役に就任することが内定しました。
これにより「㈱グッドセレクト」が医療機器などの販売に進出することが可能になります。
 
お三方のプロフィールを添付しました。
今後ご相談など承ります。
 
中山泰氏プロフィール.pdf

齋藤恵美子氏プロフィール.pdf

三浦務氏プロフィール.pdf

都内の無電柱化 環七の内側を重点整備へ

2018年2月19日

東京都の小池知事は、都内の無電柱化を推進するため、環状7号の内側のエリアを重点的に整備するとした今後10年間の計画案を発表しました。

小池知事は「さまざまな施策を総合的に展開して10年間でオール東京で無電柱化を加速させていく」と話しました。

東京都がまとめた計画ではこれまで山手通りなどの内側としていた重点整備地域を環状7号の内側まで広げ、都庁や区役所のほか大規模な病院などを通る道路の無電柱化を進めるとしています。

今後10年間で対象となる全ての道路で工事に着手し、防災面における安全性を高めていくということです。

また、無電柱化の整備費を1キロあたり5億3千万円と見込んでいて、都は区市町村に対して財政的な支援を行っていきます。

都は都民の意見を募った上で、今年度中に最終的な計画を取りまとめる方針です。

前回東京五輪でも、駒沢競技場や馬事公苑が五輪競技場として使われたことから環七内部を東京都心と規定し、ごみ箱の撤去、河川の暗渠化、下水道施設の普及を重点的に進めました。

電線地中化はオリンピック後景気対策として全国に広がるものと期待されています。

2021年以後のキーワードは電線地中化です。

 

2018年春 歩き愛です(あるきめです)開催予定

2018年2月14日

2018年の春の「歩き愛です(あるきめです)」開催(予定)は下記になります。

 

4月22日(日) いわき市「いわき歩き愛です」

5月13日(日) 徳島市「徳島歩き愛です」

5月20日(日) 常滑市「とこなめ歩き愛です」

5月20日(日) 横浜市戸塚区「横浜・戸塚歩き愛です」

5月27日(日) 泉佐野市「りんくうタウン歩き愛です」

6月3日(日)  前橋市「前橋歩き愛です」

6月3日(日)  那珂市「那珂歩き愛です」

豪雪とインフルエンザと北の気まぐれ将軍と・・・

2018年2月12日

暦の上では春と言いながら、北陸を中心に記録的な大雪で物流が寸断されています。
また受験シーズンピークにもかかわらず、インフルエンザも猛威を振るっています。
まだまだ厳しい寒さは終わりません。
そうした中で日本よりさらに寒い韓国平昌で冬のオリンピックが始まりました。
この平和の祭典を利用しつくそうという北の将軍の思惑や如何にそれに翻弄される韓国政府は今後どういう立ち位置を外交で確保するのか、メダル争い以上に今回の五輪は政治として注目を集めています。

本当に暖かい春がくるのはいつなのか。
待ち遠しい限りです。

 

皇室報道に思う

2018年2月 8日

男女平等という今日の常識から考えると、天皇も女性でいいのではという議論になります。

もし女性天皇が民間人の夫を持つことになれば、究極の逆玉ということで政治家や実業界などから自薦他薦が相次ぐことでしょう。

そして実現すれば天皇家につながる家柄ということになり、その家系が権勢をふるうという「藤原道長現象」が起きることも予想されます。

もちろんそういう意図をもてば、男性天皇の伴侶に民間人女性がなる場合でも可能性がないとは言えません。

幸い、これまで開かれた皇族という新憲法下にあってそうした傾向がないことは喜ばしいことです。

ただ未来永劫この幸運が続くとは限りませんから、やはり皇室の慶事は慎重であるべきと思います。

まちがってもマスコミの手柄欲しさのスクープなどで、慎重な決定過程が歪められるようなことがあっては後世に禍根を残すことにもなりかねません。

私は皇室報道に特ダネはないと思っています。

かつて新元号をある新聞社がスクープした瞬間、宮内庁が別の元号に替えたということがあったと伝えられています。

天皇退位の意向、ご成婚で出し抜かれた他のマスコミが血眼になって、新元号を取材中です。

今回は初めての生前退位ですから、取材合戦も熱を帯びています。

ただ、少し早く抜け駆けすることにどんな社会的意義があるのか冷静に考えてほしいと思います。

折から憲法改正も議論されています。

皇室や憲法は国の基本です。

拙速報道のデメリットを国民も考えるべき時に来ていると思います。

 

 

 

和魂洋才で市場を拓け

2018年2月 5日

日本人が作ったカレーのチェーンやラーメンチェーンが海外で市場を拡大しています。
もともとは日本に伝来した料理が、本場とは違うスタイルでファンを獲得しています。
これは日本の得意なパターンです。


「外来宗教であった仏教を日本人はいかに「日本の仏教」にしていったか。
開祖の釈迦牟尼は貴族だったから、衣食住のために働く必要がなかった。
いくらその悟りが立派でも、働かなければならない階層に修行をしている暇はない。それでは大衆はいつまで経っても悟れない。
すると日本人は、働くこと、仕事をすることが修行なのだとした。
仕事をしながら成仏できると教える、こうした現実と理想の擦り合わせに日本人は長けている。これは文化的センスが大人でありながら硬直していないということだ。
仏教についてもう一ついえば、平安時代に始まる神仏習合(本地垂迹)の考えがある。
日本には仏教渡来前から神道があったが、この神道と仏教とを衝突させることなく、神の本源は仏であり、仏が日本人を救うために神となって日本に現れたという"理屈"を編み出したところに、日本人の多様性と寛容性が表れている。
神号にも権現、大菩薩などが付けられ、天照大神は大日如来、矢幡神(応神天皇)は阿弥陀如来あるいは釈迦牟尼仏、熊野権現は阿弥陀如来のそれぞれ垂迹とされた。
一神教を信じる人たちには理解できないかもしれないが、日本人はこうした寛容性と知恵によって宗教による深刻な争いを、国民のあいだからまったくといってよいほどなくした。神仏習合は、理論としては明治政府の神仏分離令によって衰退したが、日本人のあいだではすでに民族的DNAとなって何の不都合もない」

(『帝国主義復活を阻止する使命』日下 公人(Voice 2018. 2月号)より引用 )


これから日本の人口は減り、国内市場は閉塞状況です。
日本人向けに作り替えた自動車や家電など様々な商品を「新しいコンセプト商品」として海外にうちだしてゆく戦略性が今こそ求められていると思います。

ファッションより睡眠

2018年2月 2日

衣料品がとにかく売れない。
景気がいいと言いながら個人消費が伸びない最大の理由は、コートやスーツなど重衣料が売れないため、そこに利益の源泉がある百貨店などが不振であることだ。
外国人観光客はブランドバッグや化粧品は買っても衣料品は買わない。
 若い層はもちろんだが、最近は中高年も衣料品を買わなくなった。
かつては独身貴族と言われたシングルも衣料品購入を落としている。
 
「家具では応接セット(ソファ含む)と照明器具が4倍前後の伸びである。ベッドは5・69倍。毛布は1・87倍。男女ヤング、男性ミドルと同じようなインテリア充実志向が見えると同時に、寝ることに対するこだわりの強さが垣間見える。
 婦人用洋服は0・76倍であり、スカートは0・43倍である。その他の品目もすべて減少している。婦人用下着類は0・79倍。このようにバブル世代を含む現在の女性ミドルシングルは服を買わなくなった。彼女たちもファッションよりインテリアなのであり、疲れをとるために、部屋やベッドや毛布にお金をつぎ込むのだ」

               『中高年シングルが日本を動かす』三浦 展著(朝日新書)より
 
これは今までのモノサシでは景気を判断しづらくなっていることの一つの証拠だと思わざるを得ない。
 
 
 

 

1  2