「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

最新記事

2018年3月28日

何をやってるんだよ 日本は!

2018年3月27日

辞令を胸に東へ西へ

2018年3月26日

変な国ばかり

2018年3月19日

財務省の忖度

月別バックナンバー

2018年3月のバックナンバー

何をやってるんだよ 日本は!

2018年3月28日

北朝鮮と中国の首脳会議が行われたようだ。
南北朝鮮会談に米朝会談も日程にのぼり、アジア情勢は風雲急を告げている。
ああ、そんなときに何をこの国はやっているのか!!

2年目に入った森友問題。
何も出てこない証人喚問で無駄な時間を使っている虚しさを国民は感じている。
首相夫人の出しゃばりが、役人たちの余計な忖度を引きおこし、結果的に公文書偽造という法令違反まで招いたことは明白で、結果責任として内閣総辞職は必定。
粘って逃げおおせるたぐいの話ではないのだから、同じ責任を認めるにしても早くすべきで、さもなくば国の行く末にまで関わる事態になりかねない。

首相には気の毒ではあるが、まさに夫人の愚かさゆえの身から出た錆を潔く認めるべき。
決断をする時が来ている。

党大会で憲法改正をと、訴える総裁を党員たちはシラケて見守っていた。
論点をそらすことはもはや身内さえも冷ややか。

四面楚歌である。

 


 

辞令を胸に東へ西へ

2018年3月27日

桜の便りと時を同じくして、異動の報せがあちこちから届く。
咲いた桜もあれば、散った桜もある。
悲喜こもごもだ。
NHKという全国組織にいた頃、東京に行かれるかというたった一つのテーマに
生活のすべてを収斂させた時期があった。
九州宮崎。
九州沖縄8県から東京に行かれるアナウンサーは1人だけ。
のべ80人のうち1人という競争率だった。
言葉の関係でほとんど関東出身者のアナウンサーが、一生に一回も本社勤務がないこともありうるという狭き門なのだ。
この地で私は、東京転勤の辞令を待った。祈った。

4年目、九州に別の候補者がいて先に東京に行ってしまった。
辛抱の5年目。
この一年が自分のサラリーマン人生でいちばんつらい一年だったと思い返す。
もし東京転勤が果たせなかったら、退職するつもりだった。

結果として夢は果たされた。
辞令一枚に命を賭ける。
今思えばあんなに思い詰める必要があったのかと感じることもある。
人生いたるところ青山あり。

今若い人に会うと、不遇な人ほど可能性があると思う。
そしてこう言って差し上げたい。
不遇は楽しみが少し先に伸びただけ、後から味わう美酒のほうがことのほかおいしいものですよ。
そして勝ってからよりも勝つまであれこれ努力している頃のほうがずっと楽しいものですよ、と。

 


 

変な国ばかり

2018年3月26日

大統領の末路は獄中か自殺か、という国があるそうだ。
あるいは、大統領選挙で一人で何回も投票できる国もあるという。
よその国の干渉で国家地域同盟離脱という国民投票の結果が歪められたと女性首相が怒り狂っている国もあるし、俺がルールブックと言わんばかりに勝手にルールを改正して事実上終身トップへの道を切り開いてしまった国もある。
不倫は文化だ、を身をもって体現する国の元大統領も検察の調べをうけたそうな。
本人が売名行為のため大統領選に出馬したような男を当選させてしまった大国もある。

そうかと思えば、トップの奥さんが、嬉しくて名誉顧問やら名誉校長やら出しゃばりの限りを尽くし、傾国の危機に陥った国もあるらしい。
いやはや国のトップにまつわるニュースは楽しいというか猿芝居というか、オホホ。


 

財務省の忖度

2018年3月19日

公文書を書き換えて得をする人なんていない。

官僚がやりたくてやることなどあるわけがない。

だいたい今回の森友問題は贈収賄が成り立つ話ではないから、政治家の名前を消せなどと誰かが命令するとも思えない。

となると・・・・

たった一人の女性がたまたま重要人物の妻であり、よりによってご主人がわれら夫婦と関わりがあれば辞職しますなんて公の席で言ってしまったから、その重大さゆえにまわりがつじつま合わせに必死に忖度した以外は考えられない。

どうも女性は、自分自身は事の重大さに気が付いていないノー天気で、国を揺るがすような事態になったことをいまだ認識していないようだ。

夫の看板であちこち出かけては空手形を切りまくる。

出しゃばりで、あたかも自分が実権を持っているがごとく、あちこちに顔を出しては、あたかも自分に力があるかのように喧伝する。

まさに悪妻の典型だ。

夫がいま内外の重要案件で難しいかじ取りを迫られているのも顧みず、結果的に国政の停滞をきたしている。

政治家の妻は公人ではないから証人喚問などすべきではないというなら、公人のごとく外でふるまって国政をゆがめるような邪魔をさせるな、と言わなければならない。

公人気取りもいい加減にしろ。

野党も怒るが、怒っているのは与党も同じだ。

おそらく結末として内閣総辞職に発展する可能性も出てきた。

歴史に汚点を残す悪妻である。

リスクは去ってはいない

2018年3月12日

オリンピックとパラリンピックが終わる3月18日以降、米朝の緊張が高まるという予測のなか、オリンピックへの選手、応援団、そして政府首脳の派遣という微笑み外交に舵を切った北朝鮮、韓国政府代表団を満面の笑みで迎え入れて雪解けムードを醸成しています。

これまで何度も融和政策転換と引き換えに経済援助などを引き出すだけ引き出し、挙句の果ては核開発にまた戻った国ですから、とても信用などできない国です。

従軍慰安婦問題などで何回も合意を保護する隣国はある意味同じ穴のムジナのようで、 信頼できない国同士にはお互い同病のよしみがあるようですね。

キツネだかムジナだかわかりませんが、我々としては化かし合いに付き合うのもそれこそばかばかしいと思います。

重要なことはリスクは続いて存在するという前提で粛々とリスクを意識した日常活動をおくるしかありません。

軍事リスクだけではありません。天変地異、天候急変、黒潮蛇行などあらゆるリスクが隣り合わせています。

どんなリスクにも対応できる自衛の精神が求められています。

3.11に際して改めてそれを心に刻みたいと思います。

 


 

「㈱グッドセレクト」、医療機器販売可能に

2018年3月 7日

「GS世代研究会」の事業会社「㈱グッドセレクト」は、3月6日付で管理医療機器販売業の届け出を千代田保健所に申請し受理されました。
これにより医療機器の販売が可能になりました。
これを機に「GS世代」向け医療、介護分野での 販路拡大に努めてまいります。
今後ともよろしくお願い致します。

 

大学生の過半数は読書ゼロ

2018年3月 5日

新聞のコラムはこのことを各紙批判的に論評していました。

まあそうでしょう。

昔新聞社に入ろうと考えた人は相当活字文化に触れていた人なのでしょう。

でもこれって本当に困ったことなのでしょうか。

本当に困ることなら新聞ごときに諭される前に若者は自分で本を読むでしょう。

読書ゼロの大学生がそもそも新聞のコラムなんて古色蒼然たるメディアに目を通すとも思えません。

もう活字文化は死んだのです。

遅れた産業、絶滅危惧種です。

そもそも新聞記者など、若者の悪口を言う前に、自分たちの先見の明のなさこそ悔いるべきです。

読書なんかしなくても生きていかれます。

太宰とか芥川とか谷崎とか人生の落伍者の自堕落な小説など読むのは時間の無駄です。

そんな暇があったら、ネットなどで有意義な情報を取得するべきなのです。

本を読んだから偉いなどという価値判断を止めれば、今の若者はすこぶる合理的に生きています。

何か文句ありますか。

 

・・・・・・なんてね(笑)

1