「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

最新記事

2018年3月19日

財務省の忖度

2018年3月12日

リスクは去ってはいない

2018年3月 5日

大学生の過半数は読書ゼロ

2018年2月26日

団体戦は日本のお家芸

月別バックナンバー

リスクは去ってはいない

2018年3月12日

オリンピックとパラリンピックが終わる3月18日以降、米朝の緊張が高まるという予測のなか、オリンピックへの選手、応援団、そして政府首脳の派遣という微笑み外交に舵を切った北朝鮮、韓国政府代表団を満面の笑みで迎え入れて雪解けムードを醸成しています。

これまで何度も融和政策転換と引き換えに経済援助などを引き出すだけ引き出し、挙句の果ては核開発にまた戻った国ですから、とても信用などできない国です。

従軍慰安婦問題などで何回も合意を保護する隣国はある意味同じ穴のムジナのようで、 信頼できない国同士にはお互い同病のよしみがあるようですね。

キツネだかムジナだかわかりませんが、我々としては化かし合いに付き合うのもそれこそばかばかしいと思います。

重要なことはリスクは続いて存在するという前提で粛々とリスクを意識した日常活動をおくるしかありません。

軍事リスクだけではありません。天変地異、天候急変、黒潮蛇行などあらゆるリスクが隣り合わせています。

どんなリスクにも対応できる自衛の精神が求められています。

3.11に際して改めてそれを心に刻みたいと思います。