「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

最新記事

2018年3月26日

変な国ばかり

2018年3月19日

財務省の忖度

2018年3月12日

リスクは去ってはいない

2018年3月 5日

大学生の過半数は読書ゼロ

月別バックナンバー

財務省の忖度

2018年3月19日

公文書を書き換えて得をする人なんていない。

官僚がやりたくてやることなどあるわけがない。

だいたい今回の森友問題は贈収賄が成り立つ話ではないから、政治家の名前を消せなどと誰かが命令するとも思えない。

となると・・・・

たった一人の女性がたまたま重要人物の妻であり、よりによってご主人がわれら夫婦と関わりがあれば辞職しますなんて公の席で言ってしまったから、その重大さゆえにまわりがつじつま合わせに必死に忖度した以外は考えられない。

どうも女性は、自分自身は事の重大さに気が付いていないノー天気で、国を揺るがすような事態になったことをいまだ認識していないようだ。

夫の看板であちこち出かけては空手形を切りまくる。

出しゃばりで、あたかも自分が実権を持っているがごとく、あちこちに顔を出しては、あたかも自分に力があるかのように喧伝する。

まさに悪妻の典型だ。

夫がいま内外の重要案件で難しいかじ取りを迫られているのも顧みず、結果的に国政の停滞をきたしている。

政治家の妻は公人ではないから証人喚問などすべきではないというなら、公人のごとく外でふるまって国政をゆがめるような邪魔をさせるな、と言わなければならない。

公人気取りもいい加減にしろ。

野党も怒るが、怒っているのは与党も同じだ。

おそらく結末として内閣総辞職に発展する可能性も出てきた。

歴史に汚点を残す悪妻である。