「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2018年4月のバックナンバー

「GS世代研究会」誕生日に

2018年4月18日

2011年4月18日。

東日本大震災からまだ1か月余りという混乱のなかで、「GS世代研究会」を発足させて7年がたちました。

発足時は22の自治体と企業でのスタート。

その中には震災で3つの事業所を流された釜石市の小野食品や、復旧活動で奔走するヤマト運輸なども含まれていました。

私が「GS世代攻略術」を前年に出版し、「GS世代研究会」を思いつき準備に追われていたさなかでの震災と原発事故に、「GS世代」向けの勉強会など作っても仕方ないのではと、しばらく悩みました。

しかし、3月末にあるひらめきが沸きました。

「GS」とは ゴールデンシクスティーズでもあるが グローバルセキュリティでもありゼネラルサティスファクションのことでもある、と。

自然災害や原発事故など地球規模の安全を今こそ官民で考える時ではないか、あるいは被災地でつらい生活を余儀なくされている方々を考えても、また貧富の差の拡大を考えても、また高齢社会で一人暮らしのお年寄りの生活の不自由さを考えても憲法25条で保障されているはずの健康で文化的な最低限度の生活保障が危機にさらされている、一般の人々の生活の満足を追求すべきではないか、そう考えました。

ゴールデンシクスティーズをメインに据えながらもグローバルセキュリティやゼネラルサティスファクションにも目配りする組織にしよう。

22の自治体と企業の皆さんとそう決議したのが、2011年4月18日だったのです。

以来「GS世代研究会」は、東日本大震災はもとより熊本地震などでも被災地支援に努めてまいりました。

またシンポジウムや勉強会、見学会などをのべ30回以上積み重ねて「GS世代」向けのマーケテイング研究を行いました。

さらに白洋舍のホワイトクラブという通販カタログ販売を皮切りに、大企業と自治体、そして地方の中小企業の連係による新事業創造という試みを続けています。

発足から5年ほどたったころ、すなわち団塊世代が60代から70代に入り始めたころから、後期高齢者対策に重点を移そうということになり、自治体の首長にもたびたび お集まり頂き議論した結果生まれたのが 「歩き愛です(あるきめです)」でした。

これは税金をかけずにイベントの参加証として歩数計を購入してもらい、イベント当日にとどまらず毎日散歩習慣をつけてもらい、近隣の優待店舗で歩数計提示で優待がうけられ、しかも一度手に入れた歩数計で全国の「歩き愛です(あるきめです)」イベントに以後無料で参加できるというもので、健康推進、商業活性化、観光誘客に効果が期待できます。

開始から3年、全国でイベントが繰り返されるようになりましたが、それを支えていただいているのは「GS世代研究会」会員企業から頂くたくさんの協賛賞品です。歩数計代を出しても、賞品が豪華だということが評判になって開催地ではリピート率が高くなっています。

このように「GS世代研究会」も7年の歴史の中で、シンポジウムや勉強会で学んだことを具体的実践で成果を上げることに活動の重心を移してきています。

その流れで昨年末からは元京王百貨店取締役の三浦務氏を「GS世代研究会」事業会社「㈱グッドセレクト」のアドバイザーに招き、「GS世代研究会」内部企業の 健康や介護福祉をテーマにした商品を中心に 全国の小売業で販売する通称「三浦百貨店」を推進しています。

さらに道の駅と連携する試みも始めるなど、新しいシニア市場への発信を続けてまいります。

8年目に入る「GS世代研究会」にますますのご支援を賜りますようよろしくお願いします。


                                                                4月18日

                                                             「GS世代研究会」座長 西村晃


 

自然災害で蝕まれる国土

2018年4月16日

昨年春、宮崎県の高千穂から大分県中津にかけてクルマで走った。
耶馬溪と呼ばれる急峻な風景は九州有数の景勝地として知られる。
しかし、前年の熊本地震でその崖が何ヵ所かで崩れて、見るも無惨な姿になっていた。

私が訪ねた後、昨年夏には九州北部豪雨が襲いこの付近でも鉄道が寸断された。
今回耶馬溪地区で起きた地滑り、滑落は何の前触れもなく突然起こったと伝えられるが、度重なる地震や大雨で地盤に異変が生じていて、たまたま大きな崩壊まで少々の時間がかかったということも想定できるのではないだろうか。

そしてこのことは、今回の現場に限らない。
度重なる地震や台風、豪雨により、地盤崩落、河川決壊などが少しづつ進み、何かの拍子で大きな崩壊につながりかねないという心配は至る所にあると思う。

財政が苦しくなり、治山治水に避けるカネが乏しくなるだけに、今後自然災害の危険性も高まることが懸念される。

行政だけでなく、我々も身の回りをあらためて確認し、異常を見つければいち早く土木事務所や警察に通報し、最悪の事故を未然に防ぐことが求められる。

 

消費税引き上げと政局

2018年4月13日

今度は財務省次官のセクハラ醜聞である。
官僚の頂点とも言うべき財務省トップのみっともなさ。
もりかけ問題、防衛省日報問題など行政のゆるみが次々に明るみに出て政権は持たないのではないかと危惧される。
内閣総辞職か、あるいは安倍三選が既定路線と言われていた自民党総裁選挙で安倍出馬断念か。
そのことは来年に迫っている消費税引き上げの実施とも絡んでくる可能性が出てきた。

というのも今年秋には増税を正式に決めなければならないからだ。
来年は元号と消費税が変わるから準備に時間がかかる。
それだけに準備の時間は残されていない。

いつまでも国内政局の混乱を引きずってはいられない。
総理決断の時期は刻々と迫っている。

 

接客業の教科書と反響の本「きっかけはいつもお客様」

2018年4月 9日

一般社団法人「日本専門店協会」ではお客様と販売員がおりなす「ちょっといい話」を機関誌で紹介してきましたが、20周年を記念として「きっかけはいつもお客様」というタイトルの本にまとめたところ接客業の教科書であると大変な反響を集めています。
 
販売員たちの朝礼テキストなどへのまとめ買いが相次いで、協会では嬉しい悲鳴を上げています。
 
市販されていませんので、お申し込みは日本専門店協会に電話でお申し込みください。
一冊からでも販売します。 

電話で「GS世代研究会」で知りました とひとこと付け加えてください。
電話は03ー5937ー5682 一冊800円です。

bible_512.jpg

 


 

ハリウッド化粧品の工場見学会を6月14日(木)に行います

2018年4月 9日

今回は幹事企業のハリウッド化粧品の多摩研究所・工場です。
 
川崎市麻生区にあり、小田急多摩線「黒川駅」下車2分です。
 
定員になり次第締め切ります。
 
お早めに下記申込書に記入の上事務局にお申し込みください。

180614ハリウッド化粧品研究所・工場見学会案内.pdf

FAX.045-866-3272 または consulting-ace@akira-nishimura.co.jp  まで

1年この国は進んだのか?

2018年4月 9日

昨年の春は、毎日森友問題と自衛隊の日報あるなし問題が政治を賑わせていた。
一年たってまだ同じ問題が連日報じられている。
高齢社会の進展は待ったなし、オリンピック後の日本経済の縮小が始まることを見据えて様々な対策を急がねばならないこの時期に、多くの国民は愛想が尽きている。

法律違反があったかどうか、国費の不正があったかどうかということよりも、国有地払い下げや特区における獣医学部新設の対象になるような学校法人に、首相夫人が名誉顧問や校長になれば痛くない腹だって探られるだろう。
どうしてわざわざ疑われるようなことをするのか?
李下に冠を正さず、君子危うきに近寄らずの範を夫人が破っているのだから首相はそれだけでも万死に値すると私は思うが、如何か?

夫人が首相の妻という「肩書」で暴走を止めない以上、夫が身を引く以外にこの問題は収まらない。
公文書改ざんや自殺者まで出し、何より国政を一年以上止めていることにご本人の夫人は何の責任も感じず、自分は被害者としか考えられていないというのは、もはや常軌を逸している人格の持ち主としか言いようがない。
ならば、首相が責任を取る以外解決の方法はない。
夫人は選挙で落選させられるような立場ではない。
首相夫人でいる限り、その地位は変わらない。
首相自らが辞める以外、責任を取った形にはならない。

これまで首相としての政治手腕を評価してきたマスコミですらここにきて反対側に回るなど立場を変えて来ている。
世論も人心も離れてきているいま、一日も早く決着を付けないと、国が傾いてしまうという危機感を持つ。

 

 

新入社員の第一関門

2018年4月 3日

初めて社会人になって、わからないことだらけというのは誰にも経験があることだが、特に近年の新入社員にとって最初の難敵は電話応対のようだ。
というのもケータイ・スマホばかりで、加入電話を使った経験がほとんどないという若者が多いからである。
会社のデスクに置かれた電話で取引先やお客さんと話すということが、相当なプレッシャーになるようだ。
言葉使い、敬語を間違いなく使うということはもちろんだが、自分以外の人にかかってくる電話を取り次いだり、メモを残すといったことも初めての経験だと難しいようだ。

またスマホやタブレットに慣れている分、パソコンを使わないですんでいたという大学生も多く、若者ならパソコンはできて当たり前と思っていると意外にもエクセルはできないなどというケースも多いと聞く。

もちろん仕事をやっているうちに慣れで解決することだとは思う。
一刻も早く慣れて毎日が楽しいと思うようになってほしいと願いたい。


 

プロ野球開幕に想う

2018年4月 2日

福岡、広島、仙台、札幌、横浜・・・・。
東京や大阪、名古屋の老舗球団は最近成績はぱっとしない。
近年力を付けている球団の所在地がばらけている。
その地元の都市では応援にも熱が入っている。
プロ野球は今や地方の時代の様相である。
注目すべきは大都会型球団は新聞社の拡販活動や電鉄系というこの業界では古いビジネスモデルで運営している球団であることだ。
そして地方に根拠地を置く球団ほどもともと後背人口が少ない故にファン獲得に熱心な取り組みをして、マーケティング戦略を研ぎ澄まして経営をしているところが多い。
楽天、DeNA、ソフトバンクと新興産業企業が東京や大阪を拠点にしていない球団を運営していることも象徴的である。

かつては人気のセと言われた。
パは近鉄身売り事件に代表されるように巨人人気におんぶにだっこの時代は低迷していたが、札幌、仙台、千葉、埼玉、関西、福岡と6球団の本拠地がうまくばらけることによって、地域色を出しやすくなって活性化していることも見逃せない。
ダルビッシュ、田中将大、大谷翔平そして清宮幸太郎と近年国民的関心を集める選手がパの球団に指名されてもどうしても巨人に行きたいなどとセリーグにこだわらないのもかつてと比べて大きな変化だ。
サッカーなどに押されてプロ野球人気は下火という意見もあるが私はそうは思わない。
東京中心のテレビネットワークの中心にあった巨人人気が落ち込んだというだけであり、日本健全な形でプロ野球は隆盛していると考える。

 

桜の花が彩る中、新しい年度が始まる

2018年4月 2日

来年の元日または4月新年度に合わせて新元号がスタートするという予想に反してなぜか5月1日から新元号に変わることになった。
官邸が宮内庁を押し切った戦いが背後にあったことが報じられている。
官邸の力の強さを垣間見るとき、森友改ざんや佐川証人喚問のシナリオにも似たような力が働いたのだろうなと、思う。

今年度以降日本の18歳人口減少に拍車がかかる。
入学式を迎える若者がこれからどんどん減ってゆく。
そう考えると、華やかなスタートと呼ぶにはいまひとつ気分も盛り上がらない。
見通しが明るくない、希望が見えないスタートだ。
政府の行方も不透明、国のトップから、さあスタートだ頑張るぞ、という気概は感じられない。

ただ 悲観論からは何も始まらないと思う。
バブルはじけたどん底経済の頃、
サリン事件のあの頃、
あるいは絶望の震災と原発事故にさいなまれた頃、
平成の30年の間にも私たちはもっと暗い春を経験してきた。
それでも桜はきれいに咲いたのである。

現状を嘆いても始まらない。
悲観論からは何も始まらない。

花見に多くの外国人が訪れているが、彼らの表情は日本人よりもはしゃいでいるように見える。
この国に旅に来て悪い印象を持っていない証拠とあの笑顔を受け止めたい。
この国は外から見るとそんなに悪い国ではないようだ。

階級差別もなく、勤勉で清潔好きで穏やかな国民性。
自然豊かで伝統と文化にあふれたこの国は、魅力にあふれた国と受け止められている。

パッとしないスタートではあるが、こんな時こそ足元をしっかり見つめて、一歩を踏み出したいと思う。

 

 


 

1