「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2018年5月のバックナンバー

クラブツーリズム主催でこの夏「西村晃とゆくポルトガル・スペインツアー」を企画しました

2018年5月29日

「GS世代研究会」幹事企業クラブツーリズムとは「GS世代」向けのツアーをこれまでも企画してきました。

スイスのプライベートバンキングを学ぶツアー、地中海クルーズはじめ国内でもハウステンボス&有田陶器市ツアーなどを行いましたが、今回はポルトガル、スペインのグルメ満喫ツアーです。

ANAのチャーター便を使い、現地到着後は我々の専用バスでサンセバスチャンなど交通不便ではありながら高級リゾートとグルメの町を訪ねます。

インバウンド爆買いの次に何を目指すべきか、私が解説しながらの研修旅行です。

楽しくもおいしくも、ためにもなるツアーです。

時間がありません。 先着15人です、 至急ご検討ください。


ツアー案内 ポルトガルスペイン美食ツアー.pdf

ツアー申込書 .pdf

いよいよ6月4日開幕! 健康フェア

2018年5月29日

「GS世代研究会」が総力をかけて取り組むララガーデン春日部の健康フェアが 6月4日(月)から8日(金)まで開かれます。

幹事企業三井不動産のご協力のもと、「GS世代研究会」会員企業の健康や介護などに関わりがある26社の商品販売とステージでのプレゼンを行います。

ステージでは幹事企業第一興商による「うたと音楽で楽しく脳トレ」と題した認知症予防プログラムや、カインドウエアによるノルディックウォーク体験会なども行われます。

まさに「GS世代」が後期高齢者になった時に何を売るべきかを考えるモデルケースです。

是非ご見学ください。

今後「GS世代研究会」は全国の百貨店やショッピングセンターで同様のイベントを提案してまいります。

案内ポスター keko-week_0514.pdf

 

時代は変わる

2018年5月28日

15年前に放送された新米女性記者を主人公にした推理テレビドラマが先週再放送されていました。

女性記者が取材対象の警察幹部から「俺と付き合えばネタを出してやる」などと公衆の面前で堂々と言われていました。

今だったらこんなドラマはとても作れないでしょう。

無神経に再放送した放送局の姿勢も問われかねないと思いました。

事務次官から市長、映画監督など上に立つ人のセクハラやパワハラの発覚が相次いでいます。

私は若い頃随分と結婚式の司会をしましたが、「新婦には野球のチームができるくらい子供を産んでもらいたい」などという祝辞は当たり前でした。

同じ言葉でも、時代の変化により問題視される例だと思います。

また日大アメフト部の問題もパワハラ、アカハラに行きつきます。

SNSであの映像が何度も流されたからこそ大問題になったわけですし、映像がなければうやむやになっていたと考えれば現代を象徴する事件と言えるでしょう。

職場で後輩を指導するのも言葉が乱暴だとパワハラ監視委員会が耳をそばだてているので、最近は控えているという話も聞きます。

朝出勤してメールで「おはよう」とあいさつを交わすというのも IT企業なら当たり前でしたが最近では一般職場でもかなりあるようです。

誰が会話を聞いているかわからないという「社内KGB」を恐れる自衛手段だそうです。

モノ言えば唇寒し。

もちろんセクハラやパワハラがよくないことは当然ですが、第三者の耳を恐れて職場でも会話しないという風景が当たり前になっていくと・・・・。

職場が大きく変わることになりそうです。

 


 

生き残るパン屋にヒントあり

2018年5月22日

都会でも地方でも浮き沈みの激しい小売業にあって自家製造のパン屋は安定的に集客している稀有なビジネスではないか。

パン屋と言っては憚られる

ベーカリーと言い直そう

トレイとトングを持ち、客が店内に並べられたパンをひとつずつ選んでレジに並ぶあの店のことだ。

小さなパンでも高ければひとつ500円近くする。

家族で朝ごはんにこんなパンを買っていたら相当な金額になるはずだが・・・。

実際に購入している人が多いのは、正直驚く。

大手製パンメーカーの食パンなら8枚切り一斤でせいぜい100円台、それなのに食パンよりもあえて割高でもベーカリーのパンを買う人が多いのはそれだけ暮らし向きのよい人が多いということか。

大量生産画一の大手が得意な商材に対して個性ある商品で勝負すれば零細でも生き残れるというヒントがそこにはある。

大手メーカーのビールを安売りするのではなく、ソムリエがワインを、利き酒アドバイザーが掘り出し物の大吟醸を紹介するビジネスが生き残れるのも同様だと思う。


 

ララガーデン春日部で健康フェア開催 6月4日~8日

2018年5月15日

「GS世代研究会」では幹事企業 三井不動産が運営する埼玉県の「ララガーデン春日部」で健康フェアを開催します。

「GS世代」を主な対象に「歩き愛です(あるきめです)」イベントのほか、元NHKテレビラジオ体操講師の長野信一さんの指導のもと、ラジオ体操を行ったり、第一興商による認知症予防体操、カインドウェアによるノルディック講習会などを行います。

また「GS世代研究会」会員企業25社による健康・介護関連商品などの販売を行うとともに、商品紹介をステージで行います。

ぜひ多くの方のご来場をお待ちしています。

ポスター keko-week_0514.pdf


 

何から何まで真っ暗闇じゃござんせんか

2018年5月14日

官僚の不正と規律違反。

政治も与党の統治能力の欠如に加えて野党の余りのふがいなさで緊張感はまるでゼロ。

企業も談合やら不正経理、検査不正に、データ改ざん・・・。

この国の優秀と言われていたシステムはどこへ行ったのか。

日本全体の緊張の糸が切れてしまったように思える。

セクハラだ、パワハラだ、不倫スキャンダルだと、一億総週刊誌野次馬状態。

朝から晩まで同じ事ばかり飽きもせずワイドショーという名の回覧板が国内をまわり、コメンテーターという分け知り顔が御高説をのたまう。

いったいあんたは何様なのと思うようなタレント様が、どの面下げて偉そうに道徳の教科書のような事を言うか。

言ったそばから、自分自身が今度はスキャンダルにまみれたりするから呆れてモノが言えない。

コメントも使い捨てならコメンテーターも使い捨て。

大学教授に至るまでタレント事務所に所属し、その采配でワイドショーに出てくる軽薄さは、もう視聴者に見ぬかれている。

ああ、いやだいやだ。

日本全体の劣化、亡国の平成よ、早く消えてなくなれと思う人は私だけなのだろうか。


 

1