「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

都市型地震への備え

2018年6月25日

6月18日午前7時58分、大阪で震度6の地震が発生した。
大阪では震度6は初めてだという。
幸い大きなビル倒壊などはなかったものの、通学途中の児童が学校のブロック塀が倒壊して下敷きになるなど5人が死亡、400人ほどの人がけがをした。
また都市を襲った地震で交通がマヒした。
出勤時間帯の地震で電車の中に多くの人が閉じ込められた。また帰宅時まで動かない路線が多く歩いて帰宅する人の姿が多くみられた。
千葉や群馬などでも地震が相次いでおり列島どこでも地震とは無縁ではないと肝に銘じなければならない。

阪神大震災の取材に出かけたころの記憶では、ビルの倒壊や高速道路の転倒など建築物の被害が目立った。
あれから20年余りの間に都市の耐震構造化はかなり進んだと思われる。

一方で一度停まった電車の運転再開までの点検や、ガス水道などの復旧に時間がかかること、エレベーター内に閉じ込められた人の救出など都市災害ならではの解決しなければならない課題もまだ多い。

帰宅時、延々歩いて帰宅する人たちの行列は東日本大震災の時にも見られた。
いつ自分の身に降りかかってもおかしくない災難にどう対処するか。
最後は自衛しかない。