「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

豪雨に立ち尽くす

2018年7月13日

人工知能だあるいは核兵器だと科学文明の進歩にどんなに胸を張っても、我々はいまだに降水量を調節する術を手にいれていない。

降らなくて雨乞いをし、降りすぎて洪水の犠牲の大きさに立ち尽くすことしかできない。

ただ近年は治水対策はかなり進み、地域が水没するような事例は以前よりは減少したようにも思っていた。

しかし今回のような過去に記録したこともないような豪雨の前には人間のできる力の限界を嘆かざるを得ない。

家や店舗を失った人たちの生活復旧はこれからいばらの道を歩まねばならない。

部品や商品の流通が断たれた工場やスーパーの再開も急がなければならないが、もっと深刻なのは西日本に広域に広がった水没した田畑の影響だろう。

農産物の被害がいかに大きく深刻なものか、今後の調査で明らかになるはずだ。

西日本は梅雨が明けたが、北海道では依然雨が続いている。

リスクを想定する経営の必要さを前回説いたが、なお一層そのことを感じた数日間であった。