「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

最新記事

2018年8月10日

災害級の暑さのなかで

2018年7月30日

熱波のニュースの陰で

2018年7月23日

あの日 あの年を忘れない

2018年7月13日

豪雨に立ち尽くす

月別バックナンバー

熱波のニュースの陰で

2018年7月30日

大水害に続く連日の猛暑でニュースは埋め尽くされている。

「命に関わる暑さ」だとして、「ためらわずエアコンをつけてください」とテレビは連呼する。

しかしその一方で、在宅で熱中症で死亡した人たちの多くはエアコンを使っていなかった、という調査結果も報道された。

かつてはエアコンを備えていると生活保護から外されるという時代もあり、年配者ほどエアコンは贅沢品だと思っている人が多いと思われる。

また「夜もエアコンをつけて寝てください」などと気安くテレビは言うが、その電気代が年金暮らしでは重荷なんだ、という声も多いだろう。

猛暑で生き残る沙汰も金次第、となれば政府はどうするか考えねばならない。

「災害レベルの暑さ」というならば、避難所を作ることも考えるべきだ。

それにしてもこの炎暑の中でオリンピックをやる神経は理解できない。

なぜ8月にオリンピックか、

それはアメリカのテレビ局の意向と言われるが、それならばIOCの総会で人命の心配がある8月開催に反対を表明する国はなぜないのか。

ひとついい方法がある。

冬に立候補せず、是非札幌を中心とした北海道に夏のオリンピックに立候補してもらいたい。

世界に夏の北海道をアピールする観光立国論としても絶対に効果あり、だと思うがいかがだろうか。