「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2018年9月のバックナンバー

想定外を想定せよ

2018年9月18日

原発事故の時、「想定外の津波」と政府も東電も繰り返した。

ここにきてまた想定外の大合唱だ。

「想定外の高潮で関空島が水に浸かった」

「想定外のブラックアウトで北海道全域が停電した」

4つのエンジンを積んでいたジャンボジェットは3つのエンジンが止まっても1つのエンジンで安全に着陸できる構造だったという。

これをフェイルセーフの発想と呼んだ。

私は過去2回、バードストライクで飛行機のエンジンの片方が止まった経験をしている。

出力が落ち急降下した。

もし両側のエンジンが同時に停まったら「想定外だった」ということになるのだろうか。

今我々はリスクの中に入る。

年初の頃の最大のリスクは「北朝鮮」だった。

仮に北からのミサイルをパトリオットが迎撃成功しても 二の矢、三の矢に備えて国内ではJアラートが鳴り続けるはずで、そうすれば電車や高速道路は止まり日本は物流や工場の稼働が止まったはずで経済は破たんしただろう。

つまり頭に上にミサイルが飛んでこなくても日本は危機に瀕するのだ。

その後北陸の大雪、大阪地震、西日本大水害、台風21号に北海道地震・・・・

さらにウナギにサンマにイカにと漁獲量が激減する海の異変も常態化している。

獲れなくなったと嘆くのではなく、それを想定した多角化など日頃からリスクヘッジが求められる。

我々を取りまく自然は明らかにリスクを多く抱えている。

もはや想定外という発想は許されない。

想定外と言った瞬間に思考は停止してしまう。

リスクはあるものなのだ。

常にリスクを想定して動く。

経営者はもちろん現代を生き抜く誰もが最悪を想定しておく心構えが求められている。


 

2018年秋「歩き愛です(あるきめです)」開催日程

2018年9月14日

いよいよ秋の「歩き愛です(あるきめです)」シーズンが始まりました。
お近くの方はぜひ足をお運びください。

開催予定は、9/15 いわき小名浜、9/30 とっとり、10/13 とこなめ、10/20 新所沢、10/21 よなご、10/21 博多天神、10/27 きくち、10/28 いわき、11/3 高知、11/3 いわき湯本温泉、11/10 うべ、11/10 王子、11/11 北茨城、11/17とつか、12/2 徳島、来年1/20 足利 です。

詳細はこちらご覧ください http://arukimedesu.jp/event.html

オリンピック後日本はどうなる?

2018年9月10日

東京オリンピックを目指して日本経済はおおむね順調に推移している。しかしオリンピック後の反動は一時的なものではなく、日本経済の構造的要因も加わり出口が見えない長期のトンネルに入る危機感を持つ。
前回のオリンピック後も昭和40年不況を経験した。大手企業の倒産や証券会社の経営危機もあり、日銀特融や戦後初めて国債発行による景気刺激などの対策が講じられた。幸い不況は1年足らずで収束、その後日本経済はいざなぎ景気を謳歌する。国の施策もさることながらその牽引車となったのは戦後のベビーブーム世代が結婚し新生活を営むにあたり3Cと呼ばれた「カー、クーラー、カラーテレビ」をこぞって買い求める消費ブームであった。
では今回はどうか。
このベビーブーム世代が逆にブレーキに回る可能性が大きい。
2025年までに団塊の世代はほぼ全員が後期高齢者になる。
後期高齢者になると活動範囲が狭くなるのが一般的だ。体力の衰えや病気の顕在化もあり、出かける回数が減ったり、老健施設のお世話になる人も増えてくる。収入的にも年金に依存し食費以外の支出も落ちる。経済的に見れば消費人口として数えにくくなる。
日本は工業国家として先進国に駆けあがった。しかし発展途上国の追い上げと先端技術の拡散、そしてこの国内市場の急速な縮小を考えると、これまでにないビジネスモデルを構築するしか未来図は描けない。
2020年のオリンピックを日本新戦略の起点と考えるべきだ。

政府は2020年の外国人観光客数を4000万人と見込む。
この数は長期的にはもっと増えてゆくだろう。日本は四季があり、文化伝統にオリジナリティがあるから観光の潜在力は大きい。
また世界的に「第二次観光ブーム」の波に乗っている。
ジャンボジェットの就航によるパック旅行登場が第一次だった。そしていまはLCCの就航により、経済発展目覚ましい国々からの新規海外旅行客が誘引できる。そしてその潜在マーケットは日本に近いアジアの国々だ。
将来は日本の消費人口に匹敵する人数が大挙押し寄せてくるだろう。ちなみにフランスは人口8000万人に対し、外国人観光客8000万人、スペインは4000万人に対し4800万人だ。
彼らは日本に来て日本人の暮らしを見聞し、それを本国に帰ってからも広めるはずだ。もともとは日本人のために作った日本オリジナル商品の輸出のチャンスが広がる。和食懐石料理、せんべいに饅頭、日本酒にダシに醤油、味噌といった食にまつわるビジネスは一気に海外に飛躍する。
温水洗浄便座に、軽自動車。マッサージチェアに畳に寝ゴザ、伝統工芸家具や茶わんなどの陶磁器まですそ野は広い。
第二次旅行ブームが始まったころは都心での爆買いが話題になった。
これはかつて日本人が初めて海外に出かけたころを考えればよく理解できる。
最初は団体の「旗振りツアー」で出かけ、シャンゼリゼや五番街で「バスが来るまで1時間の買い物タイム」に慌ててブランド品を買い込んだ。
「初めての海外旅行楽しかったな、でも今度来るときはフリータイムの多いツアーにして自由に買い物や見学を楽しみたい」と思わなかったか。
今後日本ではこういう外国人観光客が増えてゆく。東京や京都だけでなく、日本の隅々の自然や風土を楽しむ人たちが増えればどれだけ地域再生に役立つか。その時大きな需要が期待できるものに人間ドックがある。年に一回日本の病院で人間ドックを受診、晴れて健康を確認してから旅とグルメを楽しんで帰ってゆく。
この狭い島国だけで考えるから不況なのだ。日本市場の需要が世界に広がるきっかけこそ2020年東京オリンピックと考えれば、新時代の到来なのだ。


 

老大国の先進国

2018年9月10日

大航海時代に覇権を争ったポルトガルとスペインは老大国と言ってもよい国でしょう。

その国がその後どのようにして生きているか。それは日本の将来を考えるうえで大きな参考になると思いポルトガル・スペインツアーを行いました。

スペインは人口4000万人に対して4800万人の年間外国人観光客を受け入れています。

日本の2020年外国人観光客目標は4000万人ですが、戦争でもおこらない限りこの数は今後も増えつづけるでしょう。

その理由は日本を訪れる外国人の多くはアジアからであり、LCCブームの恩恵を受け、
四季のない国が多く日本の気候自然にとりわけ愛着を持っているからです。

爆買いブームというのは初来日の人が中心で、これからは日本中を巡り文化や伝統を楽しむ外国人が増えるはずです。
そんな人に何を売るかを考えていかなければなりません。

今回スペイン・バスク地方にある人口18万人の小さな街、サン・セバスチャンを訪れました。

いま、ここは世界中から美味しいものを求めて人が集まる「美食世界一の街」として知られています。

とくに観光資源もなかった街がなぜ、たった10年ほどで大変貌したのか。

その背景には、美食を売りに出す徹底した地域戦略があります。

サン・セバスチャンでは、あたかもシリコンバレーがIT産業に特化したように、料理を知的産業として売り出そうとしています。

製造業だけでは限界にきている日本の活路は観光産業にあります。日本が観光立国となるために、サン・セバスチャンに学ぶことが多くあるはずです。

もともと魚介類をはじめ素材豊富な地ですが、シェフたちが次々にレシピを公開、地域の料理のレベルを引き上げました。

また高級料理だけでなく、気楽にバールで食べ歩きをしてもらおうと、ピンチョスと呼ばれる小皿料理をふんだんに並べる戦略に地域ぐるみで取り組みました。

一軒でお腹いっぱい食べてしまえば回遊は期待できません。

だからこその小皿料理なのです。

人口18万の町にミシュランの星が17も輝くという世界一のグルメ都市となりました。

また、現在では国際映画祭や国際音楽祭も開催されるようになっています。

日本の地方都市でも食材を活かし、そこに付加価値を付けるサン・セバスチャンの戦略を参考にできるところはたくさんあると思います。


 

8月25日~9月2日 ポルトガル・スペインツアーに行ってきました

2018年9月 4日

2018年8月25日(土)~9月2日(日)に行われた「西村晃と行く ポルトガルと北スペイン バルセロナ美食の旅」の旅の記録を掲載いたします。ご覧ください。

ポルトガル・スペインツアー記録 1808★★.pdf

嵐の予感

2018年9月 3日

今年はトランプ大統領の周囲では北朝鮮との核交渉、経済紛争など大きな問題が続いていますが、国内に目を転じると国政選挙もなく、経済的にも大きな波もなく来ています。

話題になるのは水害や猛暑といった自然災害と大相撲、アメフト、レスリングにボクシングといったスポーツ関連の不祥事が中心で、スーパーボランティアに金足農業も含めて、一億総ワイドショー国家でした。

これで安倍さんが自民党総裁に三選となれば大きな変化もなく平成最後の年は、気が付いたら過ぎていたということになります。

しかし、表面的には静かに見えても、実は大きな変化の渦中に我々はいるのではないかと思います。

まず一人の大統領の粗暴なふるまいの裏には、もはや世界のリーダーとしては通用しないアメリカの国力の低下の焦りが感じられます。

アジアの平和と安定を支えてきたアメリカが、もう面倒は見られないと撤退した後の空白に中国やロシアが進出してきたとき、日本は戦後70年余りとは全く異なる対応を迫られます。

駐留米軍が事故や不祥事を起こすと「アメリカは出て行け!」と言う声が高くなりましたが、本当に出て行って大丈夫なのか、それでいいのか、と真剣に考える時が来ています。

また日本は輸出大国で電機と自動車は世界のトップレベルという、長らく信じて疑わなかった日本人の自信が崩れ始めていることです。

すでに電機の凋落は著しく、また電気自動車、AI搭載とクルマを巡る環境も激変し、ガソリンエンジンで優位だった日本の自動車産業は激しい開発競争にさらされています。さらにアメリカの輸入規制なども考えると前途は多難です。

もとより未曽有の少子高齢社会の到来で、人手不足や財政難など課題山積。

それなのに今年一年そういう変化への対応をこの国はしてきたのかという点で振り返ってみると、大きな進展がないということはそれだけ衰退に向かっていると考えるほうが正確ではないかと思います。

ことし年頭挨拶で最も厳しい内容の話をしたのはトヨタ自動車の社長だったともっぱら話題になりました。

さすがにトップ企業のリーダーは、現状の業績は悪くはなくても未来に対する危機感を大いに感じているのだと思います。

ニッポン危うし。

嵐が近づいている。

そんな危機意識の中で猛暑の夏が終わり、今はもう秋です。

 

 

 

1