「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

最新記事

2018年9月18日

想定外を想定せよ

2018年9月10日

老大国の先進国

2018年9月 3日

嵐の予感

2018年8月27日

桶狭間

月別バックナンバー

想定外を想定せよ

2018年9月18日

原発事故の時、「想定外の津波」と政府も東電も繰り返した。

ここにきてまた想定外の大合唱だ。

「想定外の高潮で関空島が水に浸かった」

「想定外のブラックアウトで北海道全域が停電した」

4つのエンジンを積んでいたジャンボジェットは3つのエンジンが止まっても1つのエンジンで安全に着陸できる構造だったという。

これをフェイルセーフの発想と呼んだ。

私は過去2回、バードストライクで飛行機のエンジンの片方が止まった経験をしている。

出力が落ち急降下した。

もし両側のエンジンが同時に停まったら「想定外だった」ということになるのだろうか。

今我々はリスクの中に入る。

年初の頃の最大のリスクは「北朝鮮」だった。

仮に北からのミサイルをパトリオットが迎撃成功しても 二の矢、三の矢に備えて国内ではJアラートが鳴り続けるはずで、そうすれば電車や高速道路は止まり日本は物流や工場の稼働が止まったはずで経済は破たんしただろう。

つまり頭に上にミサイルが飛んでこなくても日本は危機に瀕するのだ。

その後北陸の大雪、大阪地震、西日本大水害、台風21号に北海道地震・・・・

さらにウナギにサンマにイカにと漁獲量が激減する海の異変も常態化している。

獲れなくなったと嘆くのではなく、それを想定した多角化など日頃からリスクヘッジが求められる。

我々を取りまく自然は明らかにリスクを多く抱えている。

もはや想定外という発想は許されない。

想定外と言った瞬間に思考は停止してしまう。

リスクはあるものなのだ。

常にリスクを想定して動く。

経営者はもちろん現代を生き抜く誰もが最悪を想定しておく心構えが求められている。