「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

最新記事

2018年11月26日

カネは ゴーンと鳴る

2018年11月19日

今はバブルだ!

2018年11月12日

ジャーナリストってなに?

2018年11月 5日

ドラフト会議が終わった

月別バックナンバー

2018年11月のバックナンバー

カネは ゴーンと鳴る

2018年11月26日

リストラで何万人もの首を切ったことを手柄にした経営者が私腹を肥やすことに専念していた。
これまでの日本の経営者なら不正とは知りながら会社のために粉飾決算をするといったことはありましたが、個人の私腹のためにここまでするという例は大企業では聞いたことはありませんでした。

カルロス・ゴーン経営者の逮捕に驚きました。
なぜこの時期に発覚?
なぜこの時期に司法取引?
不可解な点はいくつもありますが、根源の私腹を肥やしていた事実は動かしがたいでしょう。

もし再び日産が経営危機に陥り、報酬が取れないような状況になったらこの経営者はさっさとトンズラしたでしょう。

オーナー経営者との根本的な違いは従業員とその家族と苦楽を共にするという発想はないということです。

ただ外国人を長期拘留は難しく、保釈次第出国、公判維持はかなり難しいと思われます。
結局海外逃亡、罪を償わせることなくこの事件はうやむやになるような気がします。

日産は食い物にされただけに終わる可能性が高いのです。

日本的企業一家主義は昭和の化石となりそうです。

 


 

今はバブルだ!

2018年11月19日

地面師事件、高級車詐取事件、認知症の老人を利用した土地詐取事件・・・・。

最近の新聞の社会面を見ると明らかにバブル期を思わせる特徴的な事件が目立ってきました。

30年前も豊田商事事件はじめ利殖目的の庶民をだましたり、土地取引の詐欺が横行しました。

バブル経済は資本主義経済下では周期的にやってきます。

それもだいたい30年周期と言われるのは、痛い目にあった人が引退し、次の新しい経済主体が登場するのに30年かかるからです。

オリンピック景気と金融の超緩和は、バブルの発生の条件が整っています。

甘い話には裏があります。

また特に富裕層ほどお年寄りで騙されやすいという社会状況もあります。

バブルの渦中ではだれもバブルとは思わないもので、バブルは崩壊してから初めてバブルという言葉が広まります。

あえて言います。

今はバブルです。

膨れたバブルは近々はじける運命にあります。

 

ジャーナリストってなに?

2018年11月12日

一般にジャーナリストという職業は取材したことを世間にアウトプットしなければ 単なる自己満足趣味の世界に終わってしまいます。

そしてジャーナリストというものを職業として考えると新聞社や放送局の社員として活動する人とフリーの立場の人がいます。

社員ならばアウトプットが保証されていますが、フリーは自分が書いた原稿や写真などをどこかのマスコミが買ってくれるという保証がなければ生活の糧が得られず、職業ではなくなります。したがって多くのフリーの人は売れる商品を作らなければなりません。

そして大多数のフリーは生活が大変なのです。

大会社の社員自らが、社員安全のために取材に行かないところに行って、身の危険を顧みず取材した映像や原稿は高く売れます。

また大会社も自社社員の危険を心配せずに、外部からこうした取材商品を買った方が結果として安くつくのです。

新聞社テレビ局と、戦地などで取材するフリージャーナリストの関係はこうなります。

だから、仮に政府などの制止も顧みず無謀な営業活動の結果フリージャーナリストが囚われの身になってもマスコミは彼を批判はできません。取材商品を買う立場だからです。

それどころかワイドショーで美談のようにさえ紹介する。

全てがなれ合いです。 

フリージャーナリストという一個人に過ぎない男がマスコミ業界では意外に知られているのは、日頃取材ネタの売り買いをしているからです。

そんな男が生きて帰ってきた、あるいは殺されたとして、自業自得です。

海外旅行者がテロリストに不意に襲われたというのとは違い、かれらは危険を承知で商売になると思って出かけて行ったのです。

私もある種同業の点があるので、今回の事件に何の関心ももちません。

 

 


 

ドラフト会議が終わった

2018年11月 5日

今やテレビの生中継が当たり前、ショー化されたプロ野球ドラフト会議が終わりました。

かつてのようにどうしても意中の球団でなければ嫌だと言う選手もいなくなり、「平和な新人選択会議」になっています。

突き詰めれば巨人一辺倒ではなくなったことが「平和な理由」です。

全国放送で毎日試合が生中継されるのはなぜか巨人戦だけ、という時代にあっては巨人以外の選択肢はなかったのかもしれません。

しかし今や北海道から九州まで地元球団にファンが分散し、地元球団の野球中継は毎試合見られる環境にあります。

それに対して巨人軍は東京が本拠というよりは全国区の人気をかつては保っていましたが、テレビの地上波放送が激減したこともあり、人気は凋落気味。

これでは巨人以外は考えられないという新人選手も現れなくなるはずです。

サッカーなどの台頭によりプロ野球の人気が落ちたという指摘もありますが、北海道の日本ハム、東北の楽天、あるいは広島カープにソフトバンクホークスなどの地元の盛り上がりを見ると、人気が落ちたのは巨人だけではないかという気がします。

全国から優秀な選手をFAなどで大金を積んで獲得し、結果として生え抜き選手の活躍領域を狭めてきた巨人と比べて、ドラフトで地元にゆかりのある選手を発掘し、鍛え上げて戦力化してゆく方がファンにアピールしやすいことは言うまでもありません。

そういう意味でドラフト会議に注目が集まり、有力選手をかき集めるだけでは思うように勝てず、人気も離散している巨人の現状はとても納得がいきます。

如何に地域を大切に、技を磨き上げるか、ビジネスの本質もここにあると思います。

1