「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

最新記事

2018年12月 3日

師走だなあ

2018年11月26日

カネは ゴーンと鳴る

2018年11月19日

今はバブルだ!

2018年11月12日

ジャーナリストってなに?

月別バックナンバー

カネは ゴーンと鳴る

2018年11月26日

リストラで何万人もの首を切ったことを手柄にした経営者が私腹を肥やすことに専念していた。
これまでの日本の経営者なら不正とは知りながら会社のために粉飾決算をするといったことはありましたが、個人の私腹のためにここまでするという例は大企業では聞いたことはありませんでした。

カルロス・ゴーン経営者の逮捕に驚きました。
なぜこの時期に発覚?
なぜこの時期に司法取引?
不可解な点はいくつもありますが、根源の私腹を肥やしていた事実は動かしがたいでしょう。

もし再び日産が経営危機に陥り、報酬が取れないような状況になったらこの経営者はさっさとトンズラしたでしょう。

オーナー経営者との根本的な違いは従業員とその家族と苦楽を共にするという発想はないということです。

ただ外国人を長期拘留は難しく、保釈次第出国、公判維持はかなり難しいと思われます。
結局海外逃亡、罪を償わせることなくこの事件はうやむやになるような気がします。

日産は食い物にされただけに終わる可能性が高いのです。

日本的企業一家主義は昭和の化石となりそうです。