「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

令和時代、風雲急をつける銀行業界

2019年7月16日

 低金利で金融機関の経営は厳しさを増すばかり。
 
大手都銀はAIの普及やコンビニATMの普及もあり、支店の統廃合と人員削減など本格的な合理化に乗り出している。
 
また地方銀行もこれまでタブーとされてきた県境を超える合従連衡にもあえて踏み込み始めている。
 
そうした中、横浜銀行と千葉銀行は業務提携を発表した。
 
神奈川県と千葉県が地盤の両行がそれぞれの強みを生かして収益力を高める。
 
総資産で地方銀行首位の横浜銀と3位の千葉銀が手を組むことが呼び水となり、地銀の連携はさらに加速しそうだ。
 
これまで駅前の大きな店舗は金融機関だったが、令和の時代は大きく街の風景が変わりそうな雲行きである。