「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

片づけるということ

2020年1月11日

散らかっている部屋や机を「片付ける」と言いますね。
一方で仕事を終わらせることも同じ「片づける」と言います。
これはけっして偶然ではありません。
乱雑になっているものや不要なものを捨て同じジャンルのものはひとつにまとめ、順序だてて並び替える。この作業と仕事を進めて仕上げて行く作業は極めて類似性が高いと思いませんか。
朝、オフィスの自席に座ると前日からの書類や郵便物などが山積みされています。それらに目を通し、一つ一つ決済や担当者に指示を出して行く。
それこそが日々の仕事のはずです。
朝、乱雑だった机の上が次第に片付きなにもなくなった時が一日の仕事の終わり。
そう決めれば作業処理の目安がたち、やり忘れも防げるのではないでしょうか。
パソコン内の仕事も同様です。返信などが必要なメールは一時保存や下書きなどのホルダーに移しファイルに名前を付けて保存したり  整理項目別にメールを保存する。受信トレイを文字通り片付けてゆくことがパソコンの仕事です。
そして受信トレイのメールをすべて片付けたあと、下書きなどに一時保存したメールに返信するなど処理し、すべて終えて本日のパソコンの仕事は一段落というわけです。
身のまわりがいつも散らかって片付けられない人は、頭の中も整理できず、ダンドリも苦手で結局仕事も片付けられないのではないでしょうか。
整理は仕事に通じる。年や月の終わり、週や一日の終わりにどう仕事に区切りをつけるか、これは永遠のテーマかもしれません。