「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2020年1月22日

移民ゼロの日本の将来

2020年1月14日

お友達の新年会

2019年12月19日

チープなテレビに付き合いきれない

2019年11月11日

習慣が人生を拓く

月別バックナンバー

移民ゼロの日本の将来

2020年1月22日

現在この国では政府も野党も「日本は移民政策をとっていない」という世界的にも通用しない詭弁を繰り返している。いま門戸を開いているのは5年をめどに日本に働きに来る人達であって長期滞在は想定していないということになっている。
しかし、日本人と結婚し子どもができ、結果として長期滞在し帰化申請する人が今後は急増するはずだ。日本の国籍取得要件はかなりあいまいで、日本で仕事に就いているか、犯罪履歴などがないかなどを勘案されたうえで面接で仕分けされる。
帰化を希望しても建前として移民を認めないこの国ではそれが実現できないままに長期滞在をする外国人に対して社会保障や参政権をどうするかという問題がある。
働き手としての外国人ばかりを日本は歓迎するが、彼らも病気になり、歳をとり、政治へ参加する権利も要求するようになった時、移民は存在しないという建前とぶつかるはずだ。
長期滞在者が権利を求めてデモをしたり、テロに走った場合この国はどう対応するつもりだろうか。世界中から価値観の異なる人が集まれば日本的あうんの呼吸は通じなくなる。
確かに今後日本は人口減、人手不足は深刻になる。
それでも移民は認めず、日本人だけでやっていく。この国は単一民族の国であり。たとえ経済成長を犠牲にしても日本なりの生き方があっていいというのも見識だ。
しかしそれはやはり困る。外国人に働き手となってもらいたいと思う以上は、日本に死ぬまで住み続けてもらい日本人と同じ権利と義務を持ってもらうとしなければ、将来に禍根を残すと思う。
私たちは今岐路に立っている。