「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

消費の主役はシニアと外国人

2020年1月27日

シニアになるとお金を出す対象はモノではなくなってくる。
若いころなら車や家、家電製品やパソコン、服など欲しいものがたくさんある。
しかし、次第に物欲がなくなってくるものだ。
高齢社会とは、需要減退社会のことである。
2019年の消費税引き上げ前の駆け込み需要が、かつての引き上げ時ほどはなかったこと、とくにこれまで最も駆け込みが多かった住宅とクルマにその兆候がほとんど見られなかったことはそれだけこの数年間に高齢社会が進展したことと無縁ではないとみる。
では、高齢者はどんなことにお金を使うのだろうか。
一口にお年寄りと言っても様々だ。年金暮らしで生活に精一杯という人も少なくない。
政府が社会福祉を考える時、こうした人々の生活をどう守るか考えるのは大切なことだが、一般企業が自らの経営を考えるときに、「年金ぎりぎりの生活をしている人に提供する商品を作りたい」と思うことはまずありえない。
お年寄りでもある程度の生活に余裕がある人、できれば富裕層に商品を提案したいと思うはずだ。
その商品のキーワードは「文化と伝統」だと考える。
美術館や博物館に足を運べば、どこも大盛況。その中心はシニアだ。
特に最近気が付くのは休日と平日の動員力に差がなくなっていることだ。
平日の主役はもちろんリタイア世代。その絶対数が増えていることが追い風になっている。日々の生活に事欠く人が美術館に通うとは思いにくい。
これまで前期高齢者だった団塊の世代は元気いっぱい国内・海外の旅行に出かけて老後の自由を満喫していたが、この年齢層が今後後期高齢者になると体調を気遣い今までのようには旅行にいかなくなってくる。せいぜい日帰りで近くで楽しもうというとき、美術館や博物館めぐりは格好のおでかけテーマになる。
これはますます増える外国人観光客をターゲットにした時にも同じだろう。
初めて日本に来たという人なら化粧品やブランド品、菓子に医薬品などの爆買いに必死になるだろうが、何度も訪れるリピーター客には新たな興味を提供しなければならない。
それは日本そのもの、つまり日本の伝統や文化だ。
東京両国の江戸東京博物館。
近年とみに増えたのが外国人の来館者だ。
国別の統計は取っていないようだが、ボランティアガイドの人も英語や中国語での説明を求める人は年々増えているという。
彼らはとくに江戸時代の町のつくりや江戸の暮らし向きに関心をよせる人が確実に増えている。四季があるこの国で花見や正月を体験したい、祭りや定期市などに行ってみたい。東京など大都市ばかりではなく地方の古民家を訪ね、職人の伝統的なものつくりを見てその商品を手に入れたい。
独自の歴史を持ち文化を育んできたこの国は、何もカジノなどに頼らずとも、リピーター客の好奇心をくすぐる魅力が尽きないと思う。
日本の食はもちろん着物など衣料品や民芸的生活雑貨に親しんでもらう。神社仏閣や古民家、町家などに関心を持ってもらう。陶磁器造りや和紙手すきなど職人の技を体験してもらうといったことは、シニアへの提案であり外国人への提案でもあるはずだ。
自動車や家電といった産業なら巨大資本が必要で大都市の大企業が主役になるが、こうした日本的なものの担い手は地方の零細企業や職人である。これまで経済的には劣勢とみられていた人たちが産業の主役を担う時代が来たと考えるがいかがだろうか。