「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★混迷するアメリカ大統領選挙と世界

2020年6月18日

高齢社会を象徴するような70代候補者同士の一騎打ちとなるアメリカ大統領選挙、投票まで4か月余りだが重大な局面を迎えている。
コロナによる混迷に加えて、大規模なデモが全米各地で発生しているからだ。
中西部ミネソタ州ミネアポリスでの白人警官による黒人男性暴行死事件を受けて人種問題が大統領選挙の主要争点に浮上してきた。
再選を目指すトランプ大統領(74)、一方民主党の候補者指名を確実にしたバイデン前副大統領(77)。
トランプ氏のデモ対応をバイデン氏は「強権的」と非難。
大統領は人種差別を激化させるような言動を繰り返して火に油を注いでいる。
共和党内でも反トランプの動きが表面化してきた。元大統領や元閣僚らがこぞってトランプ大統領の再選を支持しないと公言し始めた。
頭の中は選挙のことしかないように見えるトランプ大統領が、世界のリーダーとしての見識を忘れなりふりかまわぬ選挙対策的政策をとることで、アメリカはもとより世界全体の混乱に拍車をかける危険性が高まっている。
コロナに乗じて覇権拡大を目指す中国の動きからも目が離せず、世界情勢は危険水域に入っている。