「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★夏越の祓え(なごしのはらえ)

2020年6月30日

今日で令和2年も半分が終わる。
思えば今年前半は散々だった。
年が明けたときにこんな年になるとはだれも予想していなかっただろう。
予定ならば今ごろは東京オリンピックの開会式まであと一か月を切り、国中挙げて歓迎ムード一色のはずだったのだから。日本を訪れる外国人も今年は4000万人の目標にかなり近づき、国際都市東京が全世界にクローズアップされていたことだろう。
それが・・・。
前年比99.9%減と外国人の姿は繁華街からすっかり消えてしまった。
今年の十大ニュースはコロナショックの一大ニュースのみ、という状況だ。
せめて後半はコロナが萎み、明るい話題が増えてほしい、これは国民みんなの願いだろう。
本日は夏越の祓えである。もともとは陰暦6月晦日のお祓いの行事だが、今は新暦の6月30日に行う神社が多い。
鳥居の下に設けられた茅の輪を参詣者にくぐらせ穢れを払う。今年前半の邪気を払い、後半の多幸を祈るのだ。

みんなの復活への思いを祈りたい。
先日テレビでオーケストラや合唱団の人たちの復活に向けて努力を重ねている姿を見て、心を打たれた。
無観客で収入は望めなくても、楽器演奏や歌うことを生業として生きてきた自分たちの存在を賭けての取り組み、試行錯誤。
マスクをしたままで声が出せないか、ソーシャルディスタンスで楽器を演奏できないか・・・。
なんとかしたいという心の叫びに、拍手を送りたい。

さあ今年後半、みんなで乗り切ろう。