「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

最新記事

2020年7月 7日

★小暑

2020年7月 6日

★お告げはなくても夏は来る

2020年7月 3日

★幸せの形が見えない

2020年7月 3日

★冷奴の季節

月別バックナンバー

2020年7月のバックナンバー

★小暑

2020年7月 7日

今日は小暑、夏至から数えて15日前後、ますます暑くなる頃である。
また梅雨末期の集中豪雨に毎年悩まされる時期でもある。
コロナ騒ぎの直前の今年1月末に、熊本から球磨川沿いの肥薩線・吉都線の観光列車「いさぶろうしんぺい」に乗り人吉、鹿児島へと旅をした。
球磨川は三大急流と言われる川で日ごろから濁流が渦巻く河川である。
また熊本、鹿児島、宮崎の県境近い九州南部山岳地帯は日本有数の降雨量の地でもある。
かつて宮崎放送局に勤務したが、アメダスのデータでえびの高原付近は数百ミリの雨量を記録することが一年に何度もあった。
そんな大雨も珍しくはない土地ではあるが、過去の経験では測れない量の雨が今回は襲い、球磨川が氾濫した。
犠牲になった方にお年寄りが多いことに胸が痛む。
日本の中でも高齢化が進む地方の山間部、避難したくても思うに任せないというお年寄りが一人で心細い思いをしているところが毎年のように自然の猛威にさらされている。
 
すでに衰退過程に入っているこの日本の国力で、国土すべての防災対策を行うことは理想だが、現実には不可能だ。
防災対策の順番を待っている間にも風水害以外の地震や火山噴火などの災害が襲う危険もある。
となると、危険が予想される地域に住む人たちにあらかじめ転居を勧める施策も必要ではないだろうか。
誰だって先祖以来の住み慣れた土地を離れることには抵抗がある。
しかしこの地に住み続けることがいかに危険を伴うか行政が説明説得をすることもこれからは重要だと考える。
このことは居住移転の自由を保障している憲法下難しい問題で、これまではタブーだった。
ある危険地域にわずかの人しか住んでいないとして、その地域に巨額の財政資金を投入して防災対策を施すことは、もはやできない。
できないことをはっきりと言うことも、今後日本の行政には必要なことだと私は思うが、皆さんはどう思うだろうか。
 

★お告げはなくても夏は来る

2020年7月 6日

江戸に夏の訪れを告げる行事といえば、7月6日7日8日と七夕を挟んだ三日間開催される入谷の朝顔市、そして9日10日の浅草寺のほおずき市である。
しかし今年はご多分に漏れず中止で、江戸に夏の訪れは告げられない。京都祇園祭も博多山笠も同様、コロナの奴め、二度とコロナ、じゃない来るな。

江戸時代末期に大ブームとなった朝顔栽培は、明治に入るといったんは衰えたが、明治15年(1882)頃から大正初めにかけて、入谷田圃といわれた一帯に住んでいた植木屋によってひろく栽培されるようになり、大輪のものや変り種の登場で人気を集めた。全盛期の明治中期には、早朝から通行止めとなるほどの賑わいを見せたという。
近年は宅配便業者が朝顔の屋台の横に待機して、客が買うと同時に配達伝票を持って待っている。持ち帰りのめんどうがないことで購買促進につながっているようだ。私も毎年のように覗いていただけに今年はがっかりだ。

浅草寺の観音様の功徳日で日数の一番多いのが7月10日。この日にお詣りすると四万六千日分に相当すると云うことで、江戸時代からこの日のお詣りが盛んだった。朝顔市の翌日7月9日と10日の四万六千日の日、にぎわう浅草寺境内に120店ものほおずきの出店が並び、にぎやかな売り声が響き渡るのが恒例だった。

江戸の下町風情を味わうことができる朝顔市、ほおずき市が開かれなくても、確実に盛夏は近づいているはずだ。
 

★幸せの形が見えない

2020年7月 3日

今回のコロナ危機は、私たちに感染の恐怖や経済的な苦難とともにこれまでの人生観に変更を迫るものとなった。
戦後最大の災害となった2011年の東日本大震災の時、この国では「絆」という言葉が盛んに使われた。ボランティアで被災地に向かう人、義援金や東北の産物を購入するなどやり方は人それぞれだが、日本人は繋がっているという連帯意識が大きくクローズアップされた。
人々が支えあう「絆」と、いま世間でいう「ソーシャルディスタンス」はある意味対極にある言葉だ。「人との距離をとる」「近づいてはならない」「濃厚接触は慎め」・・・。日本への入国禁止、「他県からは観光に来ないでください」となると、とても「絆」という言葉は持ち出せない。
満員電車の苦痛に耐えても会社に行くことで、大部屋で議論し、一致団結目標に進む。朝礼やラジオ体操を日課にする職場もこの国では多かった。社員旅行に運動会、忘年会に歓送迎会と、ひところよりは希薄になったとはいえ日本の会社は家族主義的な経営を伝統にしてきた。上司への「忖度」という発想は役人の世界だけでなく多かれ少なかれ日本の企業風土にも根付いている。
そこにいきなり在宅勤務、テレワークというコロナ時代に対応せざるを得ない状況が生じた。
オンライン会議でも可能なんだから全国から支店長集める会議など経費の無駄だよ、
何も満員電車で全員が出勤しなくても会社は回るじゃないか・・・。
新幹線や通勤電車、オフィスビル、ビジネスホテルなどの需要は今後大幅な見直しを迫られるだろう。
オンラインで入社式や研修を行い、以後も在宅勤務で社歴を重ねてゆく人に会社に対する帰属意識が芽生えるだろうか。通勤時間も減り、勤務時間も自由、会社も奨励しているくらいだから副業もやりやすい。スキルには愛着が出ても、それは会社への愛着とはならない気がする。
係長から、課長、支店長で地方勤務して、本社に部長として栄転・・・。
良くも悪くも会社で積んだ経歴は、個人の勲章であり幸せのバロメーターだった。
そうした幸福観がこれからの若者に継承されるとは思いにくい。
  戦後の混乱期を経て日本は経済成長路線をひた走るが、最初の大きな曲がり角は1970年代だった。1ドル360円が終焉して円高に悩みだし、石油ショックによりエネルギー価格の高騰と需給ひっ迫に襲われた。当時大きな価値観の転換を「モーレツからビューティフルへ」というキャッチコピーが象徴的に表していた。
次の大きな転換期はバブルの崩壊である。
「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ともてはやされ「24時間タタカエマスカ」というコマーシャルに象徴されるイケイケ主義が無残に破綻した1990年代、以後日本は「失われた20年」とも呼ばれる出口なきトンネルを彷徨った。
そこに東日本大震災が襲い、原発も破綻した。
日本は、政治はダメだけど企業社会は世界に冠たるものがある、とどこかで信じていた日本人だが、気が付いてみれば、世界を席巻する米中などの巨大IT企業を前に、日の丸企業はいつの間にか劣勢に転じ、凋落ぶりを思い知らされた。
コロナ後、私たちはどんな幸せを求めればいいのだろうか。
オンライン授業、マスクとフェイスガードでクラブ活動のスポーツや音楽も今まで通りにはいかない。ソーシャルディスタンスで青春時代にどんなデートができるのか。
学生時代の過ごし方、会社生活、そして恋愛・結婚と、すべてが様変わりの環境下で新しい幸福をどう育んでいけばいいのか。
おそらく新しい価値観になじめない人が続出するだろう。その時、その人にどう救いの手を差し伸べられるのか。ソーシャルディスタンスが見えない壁にもなりかねない、と危惧するのは私だけだろうか。

★冷奴の季節

2020年7月 3日

冷奴がおいしい季節になった。
これほど簡単な料理もあるまい。
自分で豆腐を作るというなら話は別だが、ふつうは買ってきてパッケージをとり、器に盛ればもう食せるという簡便さだ。
味付けは、醤油よし、塩がいいという人もいれば、だしやポン酢が好みという人もいる。薬味もネギに茗荷、ワサビにショウガ、青紫蘇、さらにはゆず味噌にキムチという人もいる。
白米のごはんと同じで豆腐本来の味は薄く、様々な味と併せておいしさを堪能できるのがいいし、飽きもこない。
冷奴の「奴(やっこ)」は、もともと大名行列の先頭で槍や挟み箱を持つ役「槍持奴(やりもちやっこ)」のこと。この槍持奴は大きな四角形を染めた半纏を着ていることが多かった。その四角い大きな紋は、「釘抜紋」という。この紋所から、食材を大きめの立方体に切ることを「奴に切る」と表現するようになった。「奴豆腐」は豆腐を奴に切って食べることからその名がついたと言われている。
昭和の時代には自転車で豆腐屋がラッパを吹いて住宅地を回り、そこに鍋をもって主婦たちが豆腐を買いに行く姿が見られた。映画「男はつらいよ」でそんな風景を見ると懐かしい。
のどかな時代に冷やっこには瓶ビールと蚊取り線香、うちわが定番であった。

★一度手にした在宅勤務は失いたくない

2020年7月 2日

内閣府が行った新型コロナウィルスの感染拡大に伴う生活意識や行動の変化に関する調査結果が発表された。
それによると、就業者の34.6%がテレワークを経験したと回答している。
そのうち東京23区在住者では55.5%に達した。
今回のコロナ禍と在宅勤務の進展により「家族の重要性をより意識するようになった」という回答が全体の49.9%とほぼ半数に達している。
 
業種別にみると、テレワーク実施率が高かったのは金融保険不動産で47.5%、逆に低かったのは医療福祉保育の9.8%、農林漁業17.1%などと仕事の内容で差ついた。
テレワーク経験者に聞くと「仕事より生活を重視するようになった」という人が64.2%に上り、未経験者の34.4%を大きく上回った。
またテレワーク経験者の24.6%が地方移住への関心が高まったと回答している。
東京23区の就業者に対しての質問で、「通勤にかける時間が減少した」という回答が56.1%を占めた。注目すべきは、このうち72.7%が現在の通勤時間を今後も保ちたいと回答していることだ。
 
コロナが私たちのライフスタイルや考え方を変えるきっかけになることはまちがいなさそうである。

★半夏生

2020年7月 1日

今日から7月だ。例年なら海開き、山開きのニュースが各地から聞こえてくるが、ことしは海水浴場を開かない、あるいは夏山登山を禁止というところが多く、祭りや花火の中止なども併せるとなんとも寂しい夏になりそうだ。
今日は七十二候の一つ「半夏生(はんげしょう)」。農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事を終える」「水稲の田植えを終える」目安で、この日から5日間は農作業を休みとする地方もある。またこの日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりした。
そこから各地には食にまつわる習慣が伝わっている。近畿地方の一部地域ではタコを食べる習慣があり、近畿地方各地の小売店ではタコの販売に力を入れている。日本コナモン協会ではたこ焼きをはじめタコのお好み焼・焼きそば、唐揚、タコ天うどんなどを促進する「蛸半夏生キャンペーン」を行っている。
また福井県大野市では江戸時代に大野藩主がこの時期に農民に焼き鯖を振舞ったという逸話があり、現在も大野市を中心とした地域では半夏生に焼き鯖を食べるという。交通の発達で地域だけの食の習慣は薄れがちではあるが、旅に出て地域ならではの食の由来を知るのも楽しいものである。
なおこの頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。梅雨末期の大雨は昔から言い伝えられ恐れられている。

1