「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★半夏生

2020年7月 1日

今日から7月だ。例年なら海開き、山開きのニュースが各地から聞こえてくるが、ことしは海水浴場を開かない、あるいは夏山登山を禁止というところが多く、祭りや花火の中止なども併せるとなんとも寂しい夏になりそうだ。
今日は七十二候の一つ「半夏生(はんげしょう)」。農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事を終える」「水稲の田植えを終える」目安で、この日から5日間は農作業を休みとする地方もある。またこの日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりした。
そこから各地には食にまつわる習慣が伝わっている。近畿地方の一部地域ではタコを食べる習慣があり、近畿地方各地の小売店ではタコの販売に力を入れている。日本コナモン協会ではたこ焼きをはじめタコのお好み焼・焼きそば、唐揚、タコ天うどんなどを促進する「蛸半夏生キャンペーン」を行っている。
また福井県大野市では江戸時代に大野藩主がこの時期に農民に焼き鯖を振舞ったという逸話があり、現在も大野市を中心とした地域では半夏生に焼き鯖を食べるという。交通の発達で地域だけの食の習慣は薄れがちではあるが、旅に出て地域ならではの食の由来を知るのも楽しいものである。
なおこの頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多い。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言う。梅雨末期の大雨は昔から言い伝えられ恐れられている。