「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

★幸せの形が見えない

2020年7月 3日

今回のコロナ危機は、私たちに感染の恐怖や経済的な苦難とともにこれまでの人生観に変更を迫るものとなった。
戦後最大の災害となった2011年の東日本大震災の時、この国では「絆」という言葉が盛んに使われた。ボランティアで被災地に向かう人、義援金や東北の産物を購入するなどやり方は人それぞれだが、日本人は繋がっているという連帯意識が大きくクローズアップされた。
人々が支えあう「絆」と、いま世間でいう「ソーシャルディスタンス」はある意味対極にある言葉だ。「人との距離をとる」「近づいてはならない」「濃厚接触は慎め」・・・。日本への入国禁止、「他県からは観光に来ないでください」となると、とても「絆」という言葉は持ち出せない。
満員電車の苦痛に耐えても会社に行くことで、大部屋で議論し、一致団結目標に進む。朝礼やラジオ体操を日課にする職場もこの国では多かった。社員旅行に運動会、忘年会に歓送迎会と、ひところよりは希薄になったとはいえ日本の会社は家族主義的な経営を伝統にしてきた。上司への「忖度」という発想は役人の世界だけでなく多かれ少なかれ日本の企業風土にも根付いている。
そこにいきなり在宅勤務、テレワークというコロナ時代に対応せざるを得ない状況が生じた。
オンライン会議でも可能なんだから全国から支店長集める会議など経費の無駄だよ、
何も満員電車で全員が出勤しなくても会社は回るじゃないか・・・。
新幹線や通勤電車、オフィスビル、ビジネスホテルなどの需要は今後大幅な見直しを迫られるだろう。
オンラインで入社式や研修を行い、以後も在宅勤務で社歴を重ねてゆく人に会社に対する帰属意識が芽生えるだろうか。通勤時間も減り、勤務時間も自由、会社も奨励しているくらいだから副業もやりやすい。スキルには愛着が出ても、それは会社への愛着とはならない気がする。
係長から、課長、支店長で地方勤務して、本社に部長として栄転・・・。
良くも悪くも会社で積んだ経歴は、個人の勲章であり幸せのバロメーターだった。
そうした幸福観がこれからの若者に継承されるとは思いにくい。
  戦後の混乱期を経て日本は経済成長路線をひた走るが、最初の大きな曲がり角は1970年代だった。1ドル360円が終焉して円高に悩みだし、石油ショックによりエネルギー価格の高騰と需給ひっ迫に襲われた。当時大きな価値観の転換を「モーレツからビューティフルへ」というキャッチコピーが象徴的に表していた。
次の大きな転換期はバブルの崩壊である。
「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ともてはやされ「24時間タタカエマスカ」というコマーシャルに象徴されるイケイケ主義が無残に破綻した1990年代、以後日本は「失われた20年」とも呼ばれる出口なきトンネルを彷徨った。
そこに東日本大震災が襲い、原発も破綻した。
日本は、政治はダメだけど企業社会は世界に冠たるものがある、とどこかで信じていた日本人だが、気が付いてみれば、世界を席巻する米中などの巨大IT企業を前に、日の丸企業はいつの間にか劣勢に転じ、凋落ぶりを思い知らされた。
コロナ後、私たちはどんな幸せを求めればいいのだろうか。
オンライン授業、マスクとフェイスガードでクラブ活動のスポーツや音楽も今まで通りにはいかない。ソーシャルディスタンスで青春時代にどんなデートができるのか。
学生時代の過ごし方、会社生活、そして恋愛・結婚と、すべてが様変わりの環境下で新しい幸福をどう育んでいけばいいのか。
おそらく新しい価値観になじめない人が続出するだろう。その時、その人にどう救いの手を差し伸べられるのか。ソーシャルディスタンスが見えない壁にもなりかねない、と危惧するのは私だけだろうか。