「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2020年7月30日

★サルスベリ

2020年7月29日

★海の物流

2020年7月28日

★風鈴

2020年7月27日

★無言で成り立つ商い

月別バックナンバー

★サルスベリ

2020年7月30日

ふと気が付くと、サルスベリが紅色の花をたくさんつけだしている。
暑い盛り、長期間にわたって咲き続けるサルスベリ。漢名で百日紅と書くだけあって夏の期間長く咲き続ける。
梅雨明けが遅れているが、すでにこちらは夏の先取りといったところか。
幹がつるつるで、サルも滑って登れないということからこの名前が付いたことはよく知られている。
暑さに強いのも、もとは熱帯アジア産だからだ。大きな葉はバナバ茶の原料にもなる。
この花を見て蝉の鳴き声を聞くとようやく盛夏近し、と感じる。

さて長く咲きすぎて倦んでくるということも世間にはあるのではないか。
憲政史上最長政権のことである。
長らく無敵を誇っていたが、このところ失策が目立つ。
政権奪還したころの気迫も今は希薄だ。
いろいろアラも目立つが、コロナ感染拡大への対応と経済の落ち込み、倒産・失業などへの対応の遅れが政権崩壊の致命傷になりそうな雲行きだ。
得意技だったアベノミクスの綻びである。猿も木から落ちるというところか。
秋に向けて自民党内でもさざ波が立ち始めたようだ。
今年は安倍政権にとって秋風が身に染みるかもしれない。
支持率も下がり四面楚歌、去るものは追わず、の情勢だ。