「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★重陽の節供と 九州の「くんち」との関わり

2020年9月 9日

九月九日は陽の数字が二つ重なった重陽の節供だ。
中国の陰陽五行思想では奇数は陽、偶数は陰と考える。しかも奇数の中でも極まった九が重なった日として最も尊ばれたのである。
重陽の節供は平安時代に重陽節として宮中に取り入れられ、貴族たちは宴を開いて菊酒を飲み、綿を菊にかぶせて露でぬれた被綿(きせわた)で体を撫でて長寿を願ったという。
中国では九月九日に茱萸(しゅゆ、匂いの強い山椒など)の枝を身に着けて山に登り菊酒を飲み食事をすると長寿になれるという言い伝えがあった。
日本に伝来してから貴族たちは茱萸を頭にさして邪気を避けたり、宴を開いて菊酒を飲んでにぎやかに長寿を願った。
桃の節供の桃酒、端午の節供の菖蒲酒、重陽の節供の菊酒というように植物に宿る霊力を信じ酒を酌み交わすのが節供の楽しみであった。
旧暦の九月は現代の十月にあたり収穫期なので、収穫感謝の祭事と習合しやがて吸収された。
めでたさも極まる九の日は神に願い感謝する祭りに絶好で、九州地方でまつりのことを「くんち」というのは九日が転訛されたものである。