「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★カボチャ

2020年9月17日

最近の楽しみの一つにドライブ旅行がある。

なるべく高速道路を使わず一般道を使う。

トイレ休憩もかねて道の駅など地場産品を売る店に立ち寄るのが目的だ。

マイカーであれば買ったものを片っ端からトランクに放り込んでいける。

いくら宅配便が全盛とはいえカニやメロンのような高価格品ならともかく

漬物や野菜、味噌程度をいちいち送っていたのではやはり送料が気になる。

あちこち寄り道して少しずつ地元の名産を買い集め、そのまま持ち帰れるのはドライブの楽しみである。

よく買う野菜の中にカボチャがある。

電車や飛行機で持ち帰るには重たい。

北海道をクルマで走ると広大なカボチャ畑を目にする。

お目当て発見だ。

道の駅に入るとまあ見事に育った大きなカボチャが、ところせましと並んでいる。

カボチャはもともと中南米原産のウリ科の野菜だ。

スーパーなどでは国内産を補う時期にはメキシコ産やニュージーランド産も多く見かける。

ただ日本人は中南米原産でもやはり国内産に手が伸びがちだ。

国産は収穫後一か月ほど納屋で寝かせて風乾し、糖度とホクホク感を高めてから出荷する。

糖度が7度以上、高いものは20度と果物並みになるという。

この辺りが日本人好みの味と関係しているのかもしれない。

 

ハローウィンカボチャにはなじみがあっても若い人がたくさんカボチャを食べているかと言えばやや疑問だが、

カロチン豊富でビタミンたっぷり、ヘルシーな野菜の代表格といえる。

日持ちがよく台所に備えれば冬の緑黄色野菜としても頼もしい存在だ。

食べ方だが、煮物にしたり天ぷらなどもおいしいが、私が好きなのは味噌汁である。

口の中で、もさもさしがちのカボチャも、味噌汁の具として食べれば喉通りもいい。

また簡単にたくさん食べたいならば電子レンジで加熱してバターを塗って食べるのが簡単だ。

ジャガバターならぬ「カボバター」である。

寒くなってくると、カボチャの温かさが恋しくなってくる。