「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★来年のオリンピック開催を望む方、 国勢調査でついでに聞いたらいかが?

2020年9月28日

阪神タイガースのコロナ集団感染を見るにつけ、あるいは大学運動部のクラスターを見るにつけ、この時節、団体行動の難しさを思わざるを得ない。
IOCバッハ会長は来年の五輪開催を推進する立場を表明しているが、世界100か国以上から選手関係者を集め、選手村で集団生活をさせ、しかも観衆を集めるオリンピック開催は相当な危険が伴う賭けだと私には見える。
政府や大会関係者は実施したいという立場だろうが、果たしてそうまでしてやる意味があると国民は考えているのだろうか。
何とかコロナの感染を抑え込もうとみなが腐心しているのに、メンツや利害のために無理やりオリンピックを開催し、結果としてそんな国民の努力が無になってしまうリスクを背負う必要があるだろうか。
開催経費を節約する試算は繰り返されているが、開会式や閉会式はほぼ予定通り、などという案の裏にアメリカのテレビ局の都合という裏事情が見え隠れする。
日本国民自身がオリンピック・パラリンピックの来年開催を望んでいるとは考えにくい。いまさら経済効果があるとも思えない。
いまだ海外観光客すら受け入れていない国の現状や世界の感染状況を考えると、オリンピック開催強行は日本国民不在の決定ということになりかねない。
まだコロナ危機は終わっていないのだ。