「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★レタス

2020年9月30日

ひと頃価格高騰と品薄で悲惨だった青果売り場が少し落ち着いてきた。
特にレタスが安くなった。一つ100円程度で売られることもあり思わず手が出てしまう。
季節感もさることながら、野菜によって向き不向きの食事の時間帯もあるのではないかと思う。レタスは朝が似合うと思うのは私だけだろうか。
別に夜食べてもかまわないが、あのみずみずしさや色合いは朝の食卓に向いている気がする。
 
レタスの歴史は5000年、キク科の一年草で切り口からたらたらと流れ出る白い汁が乳にたとえられ、ラテン語の乳(lac)が語源となってlettuceという英名ができたとされる。レタスの汁には食欲増進効果があり、カルシウム、ミネラル、ビタミンAそして鉄分を多く含んでいる。
レタスが日本に来たのは戦後、アメリカ人たちが日本にやってきて野菜が肥やしで育てられているのに仰天し、寄生虫や病原菌を怖れたのが発端。
彼らの食事には生野菜がつきもので、特にレタスは常食だった。そこで急遽化学肥料で清浄栽培する技術が開発されそれをきっかけに日本でも栽培が広まった。
 
日本では長野県や群馬県熊本県などの高原で多く作られるようになった。種類はいろいろあるが結球する玉ちしゃのほか、葉ちしゃと呼ばれるサニーレタス、グリーンリーフ、茎ちしゃと呼ばれるサンチュなどもレタス家族である。
 
夜食べても法律違反ではないが、やはり朝食べるのがレタスの流儀だと今朝もいただく。