「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

月別一覧

月別バックナンバー

2020年11月のバックナンバー

★筒美京平の時代

2020年11月 5日

先日「NHKスペシャル」が昭和の偉大な作曲家、筒美京平を取り上げていた。
「ブルーライトヨコハマ」「また逢う日まで」「ギンギラギンにさりげなく」「木綿のハンカチーフ」「魅せられて」など昭和の大ヒット曲を次々に世に出した天才だが、自らはほとんどテレビなどに登場することはなく、黒子に徹していたという。確かにこの番組でもインタビュー映像などはほとんど出てこなかった。多くのヒット曲をたどると、その時々の私自身の生きた時代がよみがえってくる。私の年齢でいえば、中学生のころに「また逢う日まで」、高校を卒業したころに「木綿のハンカチーフ」、大学生のころ「魅せられて」といった具合だ。
ところが、この天才も平成の半ばころからヒット曲が出なくなる。時代が求める音楽の変化がその背景にはあったようだ。今回のテレビ番組では大ヒット曲の紹介に紅白歌合戦の映像が使われていたが、まさにこの番組がお化け視聴率を誇っていた頃の映像でもあった。
筒美京平の神通力が途切れだしたころ、この歌番組も人気の低下に悩みだしたことはさすがにNHKの番組では語られていなかった。
 
番組では、「木綿のハンカチーフ」という曲は、通常は曲が先にできて後から詩をつける従来のスタイルを逆転させ、松本隆の詩を見て、あとから筒美京平が曲を付けたというエピソードが紹介されていた。
田舎の若者が都会に出て、やがて都会の絵の具に染まってゆくというストーリーは、当時の高度経済成長の伝説そのものでもあった。
曲の冒頭に印象的なメロディで一気に歌の世界に人々を引き込む筒美京平の手法は、聞き手の心を一つに引き寄せる魔力を秘めていた。
平成に入りバブルが崩壊成長神話も終焉する。
喪失感がこの国を襲いだすと、社会のほうが次第にそうした曲を受け入れられなくなってきたのかもしれない。
お化け視聴率番組の時代からSNSで個人が発信する情報に関心が集まる時代。
プロの作り手の洗練された技法より、素人映像のユーチューブのほうに「魅せられて」、「ギンギラギンにさりげなく」受け入れられる時代。
歌は世につれ、今後どんな発展をしてゆくのか。
筒美京平の盟友、作詞家松本隆の表情が暗かったのがこの番組では印象的だった。

★欧州再び

2020年11月 4日

ヨーロッパで再びコロナ感染者が急増、フランスやイギリスでは外出禁止令も出て日常生活に大きな支障が出ている。
アメリカでも感染拡大は続いているし、日本国内でも各地でクラスターが発生している。
そろそろ感染確認から一年、いまだ根絶の見通しは立っていない。
コロナ根絶を待っていれば世界の人々の生活が先に根絶してしまう。
 
会合や接客、密集での移動を避けたうえで、飲食の場で人と会することを避けながら感染状況を睨んでアクセルとブレーキを踏み分けるしかない。
とくにヨーロッパは観光で食べている国が多いだけに打撃は深刻だ。
しかし国境をまたいでの交流は一気に世界中に感染を広げる危険性が大きいだけに再開は慎重でなければならない。スポーツや芸術イベントでの集客も厳しそうだ。
来年のオリンピックに世界中から選手と見物客を招くことは危険が大きすぎると思うが、IOCにはそれでもやらざるを言えないご事情がおありのようで、日本国民を危険にさらしてもやむを得ないという判断があるようだ。
一度選手村などで感染が発生すれば収拾は相当難しくなると思うのだが・・・。
 
いずれにしても長期戦だ。
私は当初から「全治5年の日本経済」と言い続けている。
5年たって、ようやく経済活動が元に戻ったとしても、すでに衰退している産業分野も多くあるだろうから、もとの風景とはだいぶ異なっていると思う。
 

★ニュースなのか、ショーなのか?

2020年11月 2日

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は9月、昨年放送されたテレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」内の特集で不適切な仕込み演出があったとして「放送倫理違反」があると認定した。
昨年3月に放送された15分の特集でスーパーを訪れる一般客に声をかけその人間模様に密着するという内容で、登場した5人は制作の委託をうけた関連会社「テレビ朝日映像」の派遣社員である40代の男性ディレクターが主宰する演技塾の生徒や知人だったという。
意見書によると、ディレクターは月に1本ほど特集を製作、約1年間で担当したほかの12本のうち5本で同様の仕込みをしていた。
上司から「必要な映像が足りない」などと叱責を受け、いかに効率的に撮り叱責を回避するかにあくせくしていたという。
問題はこのディレクターの個人の行為に矮小化してしまうことだ。
最近のテレビを見てほしい。
朝から晩までナマのワイドショーとニュースショーばかりだ。
しかも司会者やコメンテーターの多くは芸能人やお笑いタレントだ。
ニュースを伝えたかと思えば、グルメ紹介だったり観光案内に変わったりと一つの番組のなかで事実報道とエンターテイメントが混在している。
しかも毎日長時間の生放送のため、そうそう毎日大きなニュースがあるわけもないから「特集」などと称する枠を外部のプロダクションに丸投げしている例が多い。
今回問題になった「特集」も本来報道番組である「スーパーJチャンネル」の中の「ヒマネタ特集」であったようだ。
グルメ紹介の店の選定基準が怪しいように、またただで食べさせてもらうからタレントはどんな時でも「おいしい」と言うように、こうした「ヒマネタ」が遊びの一環の安易な取り組み姿勢があることはテレビ局に勤めた人間なら想像がつく。
そもそも外部のプロダクションは商品としての「特集」をローコストで制作し「納品」することで競合他社に勝てばよいのであって、マスコミ人としての倫理教育やジャーナリズムの基本、ニュース番組のあるべき姿などについて教育など受けていない。
そんなプロダクションに任せる放送局側に問題があるのだ。
ではこうしたことは、営利目的の民放だけの問題かというと、近年はNHKの報道番組にさえ外部プロダクションの登用が目立つ。衛星チャンネルなどが増えて自前の職員だけでは対応できなくなり、NHKも今や外部依存が多くなっている。
ニュースなのかエンターテイメントなのかわからない番組だらけ。
どうしてニュースを面白おかしく伝えるために効果音をBGMに入れたり、ナレーターが奇抜な節回しで面白おかしく伝える必要があるのか。
こんなことではテレビ離れは当然のこと、放送局側の自殺行為であり、今回の話は氷山の一角である。

★幸福とは何だろうか?

2020年11月 2日

日本は世界でも自殺が多い国として知られている。
コロナ危機で経営不振や失業などで悩む人も増えて、今後自殺者が増えることも十分予想される。
コロナの影響で多くの人が仕事を奪われ、あるいは厳しい経営に直面し夢を持ちにくい時代になっている。国全体の活力が失われ、人とのコミュニケーションもとりにくくなり、絶望感、閉塞感が世の中を覆っている。
幸福とは何だろうか。
みんなが今立ち止まって考える時ではないか。
 
ビジネスに成功する。
出世し、高収入が約束され、周囲から尊敬される。
恋が実り、素晴らしい伴侶を得る。
子どもに恵まれ、明るい家庭を築く。
 
幸せにはいろいろな形がある。
歴史を振り返ると客観的には悲惨な時代もあったが、それでもその時代に生きた人がみな悲観して自殺したわけではない。
日本でも年間3万人を超える自殺者が出るようになったのは、決して貧しい時代のことではない。
幸せのシナリオは十人十色、一億人いれば一億通りの幸せがある。
 
「幸福になる必要なんかありはしないと自分を説き伏せることに成功したあの日から幸福が僕の中に棲み始めた」とは、アンドレ・ジイドの言葉である。
 
 

前の10件 1  2  3