「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2020年11月20日

★人が住まなくなると・・・

2020年11月19日

★コロナは吉とも出るのか?

2020年11月18日

★大トラ、吠える

2020年11月17日

★アパレル冬景色

月別バックナンバー

★コロナは吉とも出るのか?

2020年11月19日

通勤自粛で夫婦が家にいる時間が長くなることがいいことか、それとも?
新型コロナウイルス感染拡大の影響で夫婦仲が「良くなった」と答えた人の割合は19.6%で、「悪くなった」の6.1%の3倍以上に上った。
このアンケートは生命保険会社が「いい夫婦の日(11月22日)」にちなんで既婚男女を対象にインターネットで実施、1620人から回答を得たものだ。
生命保険会社はコロナ禍を通じて夫婦の絆を感じた人が多かったとみているそうだ。
仲が良くなった理由は、在宅勤務などを通じ「コミュニケーションや会話の機会が増えたため」が6割と最も多かった。 
また、夫婦仲が「円満」と答えた人は全体の8割で、平日に1日平均146分間の会話をしており、「円満でない」人は53分間にとどまった。会話の内容は、夫婦仲にかかわらず「子どものこと」が多かった。円満の人は「テレビなどのニュース」「休日の予定」について話す割合が、円満でない人より30ポイント以上多かった。  
個人的には本当かなあ、こんなアンケートに回答するくらいの人ならまあ円満なんだろうと疑わしく思ってはいる。
いい悪いを言っても始まらない。これからはそういう世の中なのである。
残業、飲み会、接待、出張・・・。
家にいない時間は少なくなり、家にいる時間が長くなるのだ。
クリスマスから例年以上に長いと予想される年末年始休暇が待っている。
会社の変化の次に家庭の変化の波も押し寄せている。