「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2020年12月22日

★常識が覆る

2020年12月21日

★冬至

2020年12月18日

★すき焼きに下仁田ねぎ

2020年12月17日

★コロナなお拡大

月別バックナンバー

★ワーケーション3  前橋国盗り物語

2020年11月30日

ワーケーション戦略で群馬県にターゲットを絞り、中でも前橋に注目したことを紹介している。
「前橋の夏は暑そうだし、冬は寒そうだぜ」
夏の猛暑ランキング常連の熊谷や舘林が近い。しかし東京でもそんな真夏の暑い盛りに出歩いたことはないのだから、エアコンが効いた部屋で過ごすかぎり、しのげないことはないと思う。
また冬の最低気温は同じ北関東の県庁所在地でも宇都宮のほうが3度くらい低いようだ。これも最低気温を記録するような時間帯に外に出なければいいのだ。
気温よりもむしろ平地ではほとんど雪が降らないことのほうに注目した。
やはり雪に閉ざされると生活も仕事も大変である。
念のため住宅を探すのに駅から歩いて10分以内のところに絞った。
全国有数のクルマ社会ではあるが、雪が降れば高速道路は危うい。その点駅まで車ではなく歩いて行かれる範囲というのは慣れない土地に住むうえで安心感がある。
あとは「風」だ。
上州のからっ風は名物でもある。
これは実際に住む家が風に直に当たるかどうかが重要なポイントだろう。
 
以上駅から歩け、北からの季節風を防げ、日当たりがよく冬の寒さをしのげる家・・・。
候補を数件当たり、ついに建築中の戸建て住宅に行き当たる。
                            (この項続く)