「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2021年1月 6日

★七福神巡り

2021年1月 5日

★小寒 寒の入り

2021年1月 4日

★御用始め

2020年12月29日

★死亡者減少

月別バックナンバー

★小寒 寒の入り

2021年1月 5日

今日は寒の入り、一年で最も寒いとされる時期だ。
本日の小寒から大寒の最後の日までおよそ30日間が「寒」である。
年賀状もここから寒中見舞いに変わる。
思えば世界は1年前からずっと寒中見舞いである。
いつコロナが去るか、春になれば、夏になればと期待し、その期待はことごとく裏切られ一年が経った。
横浜港のクルーズ船騒ぎのころはまだみなどこか「対岸の火事」であった。
いま期待は「ワクチンが行き渡れば」に変わっている。
もちろん期待はしたいが、そうならないときも考えておく複眼思考も大切だろう。
 
年末年始の新聞や経済雑誌を見ていて違和感を覚えたことがある。
市場からゾンビ企業を駆逐すべきという論調が多かった。
アフターコロナに生き残れるビジネスを育てるべきであり、コロナ禍で競争力のない企業の淘汰はやむを得ない。むしろ中途半端な支援をすることは結果としてマイナスにしかなり得ない、という発想である。
国全体の成長のために、と言うが、地方の脆弱なアナログ企業が多いのも現実の国の姿なのに、グリーンエネルギー、5G、DXといった次の時代に生き残れない企業は淘汰もやむなし、という発想が行間に感じられる記事が目立った。
 
若い俊英な記者ほどそういう記事を書きたがるのは世の常だ。
あなたは東京の大手町からしかものを見ていないんだな、という感想しか持ちえない。
現実の国の舵取りはそんなに簡単ではない。
日本の9割の雇用は中小企業に依存し、さらにその下には無数の零細経営のビジネスがひしめく。テレワークなんて無縁という会社が多いのだ。いまだメールさえおぼつかない零細経営者は数多いる。
そしてとくに今経営の危機に直面しているのは飲食店を中心に家族経営の店である。その人たちの商売が立ち行かなくなれば、多くの人が路頭に迷う。
そこに目を配る視点がないマスコミ報道の「上から目線」に、疑問を感じるのは私だけだろうか。
新聞記者は大企業に取材に行くことが圧倒的に多い。
出世競争に敗れた地方回りの記者はローカル企業に目を向けざるを得ないが、
エリート記者は東京の大企業を中心に取材しているから弱肉強食の論理となりがちだ。
私もかつてはそうだったな、と自戒している。
「寒」に震える人々と心を一つに生きていきたいと今は切に思う。