「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★細心と、すこしの楽観と

2021年2月16日

昨年新居を購入するときに地盤調査データを調べたところ、相当に固いというお墨付きをもらった。
海なし県で津波がないこと、新幹線や高速道路のアクセスが複数あり万が一の時リスクを分散できることなどを念頭に、群馬県前橋に晩年の居を定めた。
先日夜の最大深度6強の地震の際、群馬県南部も震度4を記録した。
私はすでに就寝中だったがケータイの緊急アラームに驚いて起きたものの実際の揺れは震度2くらいだろうと思ったものだった。
初めての場所に暮らすと当然自然災害の際の被害の可能性がまず気になるが、
今回の引っ越し先に関する限り、まず一安心している。
それにしても、地震や風水害が絶えず迫りくる中にコロナまで加わった昨今だ。
安全に暮らすということが、とても難しいことであると、多くの人が感じている毎日である。私自身日々無事に過ごすということがいかにありがたいことかこの年齢になると切実に感じるようになった。
できる限り周囲に注意を払うが、さりとて神経質になりすぎてノイローゼになっても仕方がない。人知を尽くしたうえであとは楽観的に楽しく過ごす。
そういう切り替えができることこそ長寿の秘訣ではなかろうか。