「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

今週のズバリ

月別バックナンバー

★行列ができるラスクの店

2021年3月15日

東京の百貨店などで行列ができているラスクの店「ガトーフェスタハラダ」は群馬県高崎に本社がある「株式会社原田」の洋菓子店の名前である。ラスク「グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)」などの製造および販売で知られる。高崎市新町にある本社工場を見学してきた。「シャトー・デュ・エスポワール」と名付けた本社工場は4階建て、国道17号線に面しており、JR高崎線からも大きな建屋はすぐにわかる。電車が埼玉県から川を渡り群馬県に入って最初に見える大きな建物である。3階と4階が工場で見学コースからガラス越しに製造現場が見える。また飲み物と作り立ての菓子の試食もできる。工場は無菌室・オートメーションで、ラスクの生地となるフランスパンの製造から包装まで一貫生産している。
株式会社原田は1901年和菓子製造業として創業、戦後材料の砂糖の不足からパン製造を始めた。その後学校給食用をはじめパンと洋菓子を製造販売してきたが、バブル崩壊後の贈答菓子需要の低迷やスーパー・コンビニの台頭などにより一時業績は悪化した。
製パン業の時代から余剰となったパンをラスクとして加工し販売していたが、2000年から「グーテ・デ・ロワ」のブランドで発売を開始した。都内百貨店の物産展などでの販促で徐々に知名度を上げ、以後ラスクを中心とする洋菓子メーカーとして急成長している。現在年商は200億円余り、店舗数は27店で地元群馬県では最も人気のある菓子店となっている。明るく広々とした見学コースがあり、だれでも自由に見学ができる。また工場には直営店も併設されていて毎日多くの人でにぎわっている。
我が家から車で1時間弱、一度早めに見ておきたいと思っていた企業だった。