「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

月別バックナンバー

★海外から観客ゼロの五輪なんて・・・

2021年3月23日

東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を巡り、政府や国際オリンピック委員会などは海外からの観客を受け入れないことを決めた。変異株の流入をなるべく抑え国民の不安を解消するためだ。ただ、国民の過半数が開催を望んでいないという世論調査に加えて、欧米やアジアのメディアもこぞって開催に懐疑的ななかで、それでも開催にこだわるIOC,組織委員会、あるいは日本政府の姿勢が理解できない。
平和の祭典として世界中から人が集う五輪・パラリンピックに海外客が来なければ、大会を招致した意義の大部分は失われてしまう。大会には100万人規模の海外からの観客が来日する想定だった。国内の観客だけに限定し、さらに観客数の上限を競技場の収容数の50%以下にした場合、経済損失は1兆6258億円になるという試算もある 大会のチケット収入は約900億円が見込まれている。販売済みの海外分は63万枚で払い戻しが必要になる上、観客数の上限を50%にすれば大会収入は激減する。また組織委は海外のボランティア受け入れも見送る方針だという。
こんな中途半端な大会を強行するよりも、何年か先に改めて招致しなおすことに全力を挙げるのが組織委員会と政府の務めだと思うのだが、五輪開催を今年秋までに行われる総選挙の材料にしていると勘繰られても仕方がない。国民の安全を人質に誰も反対を言いださず突き進む姿は、戦争へと猛進した戦前の日本政府と合わせ鏡のように見え空恐ろしささえ感じる。また当時戦争反対を主張せず戦時は購読数が増えると戦争へのお先棒を担いだ新聞社と、今回自らがスポンサーの立場にあることで開催中止を言わない日本のメディアは少しも変わらない。世界のジャーナリズムの中で汚点をさらすことは間違いない。