「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

バックナンバー

★優秀な経営者は総じて観察力が鋭い

2019年8月23日

私が師と仰ぐ、日本マクドナルド創業者、藤田 田さんは、銀座通りが見通せるビルに自室をもっていました。
毎日そこから銀座ウォッチングをするのが彼の日課でした。
「西村さん、銀座通りを歩く人のスピードを見て景気判断しているんですよ。不景気になるほど、みな目的地にまい進するからスピードが速くなりがちです。ゆっくりになってくると景気は良くなりはじめるもんです」
藤田さんは、ここからマクドナルド1号店の立地を4丁目の三越前に決める。
「ここから見てあそこが一番人がたまっていたんです。1号店はあそこや、前から決めていました」
 
一葉落ちて天下の秋を知る。
秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる。
 
何気ない日々の中で、かすかな変化を嗅ぎ取る力。
これこそ経営者に求められています。
 
ただ漫然とではなく、注意深く見る。
これこそ観察力です。
 

 

★優秀な経営者は考える足である

2019年8月22日

黒塗りの車で送り迎え。
自分の足で歩くのはゴルフ場だけ。
そんな経営者もいることはいます。
うらやましいです。
でも、正直言ってそんな社長でいられるなら苦労はありません。
盛者必衰の理、それが長続きするかはわかりません。

経営者の資質はアンテナです。
時代の変化を俊敏にかぎ取り、機を見るに敏の決断で会社の舵をとる。
こう考えるのが普通ではないでしょうか。
その点、朝の散歩やジョギングに始まり、極力電車に乗って車窓から中づり広告、そして満員電車に乗る人々の観察をするような経営者は常にアンテナ感度を磨くという方が普通ではないでしょうか。

新聞やテレビ、ラジオにネットといったメディアからの情報収集は当然です。
でも、それらの情報なら他の人でも集めることは可能です。
しかし、街を歩きながら見つけ考えたことは、その人のオリジナル情報ですし、さらに言えば、ヒトの口から出た言葉は、その人しか手に入れることができないものです。

五感のアンテナを張り巡らす。
それはやはり自分の足で街を歩くことが基本です。

優秀な経営者は足で考える。
考える葦ならぬ足で考えるのです。
 

 

 

★「のんびり行こうぜ俺たちは」への発想転換

2019年8月21日

わたしは鉄道マニアで20年かけて旧国鉄全線を完乗しています。

そんな人間でも今の鉄道には魅力を感じません。

新幹線中心のダイヤ編成は面白くないからです。

だいたい少しでも長く列車に乗っていたいという人間にとって、目的地に早くついてしまう電車ほどつまらなく料金が高いのはおかしいと思うものです。

その「へ理屈」から考えると、クルーズ船の旅行にしても、豪華列車の旅にしても、高い金を払ってゆっくり旅を楽しむというのは理解ができるのです。

遊園地の乗り物は出発点と終着点が同じというのが原則です。つまり目的地に向かうわけではありません。

乗り物とはどこかへ行くのが目的と考えるから、早く着くものほど高い料金という理屈が生まれます。

長い時間乗っていることが楽しいという発想の料金体系を提案すればいいのです。

高齢者向け豪華旅行は、この考えが具現化したものです。

今私は、あえて高速道路ではなく、海辺や山道を走るドライブ旅行を実践しています。

高速道路では味わえない土地の魅力に触れられます。

時々あぜ道に車を停めて、田んぼの写真を取り、野仏に手を合わせます。

そんな旅行が一番贅沢だと思います。

ここに次のビジネス成功のヒントがあります。

 

 

★今日からは 興 で売れ

2019年8月20日

売れないのではなく、お客さんが欲しいものを売っていないだけ、だと思いませんか?
例えばクルマ。
移動の道具としてのクルマは実はいまやあまり魅力的ではありません。
軽で十分というわけです。
クルマで何をするのか、クルマを利用すればどんな楽しいことが待っているのか。
そこにあえてクルマを買い替える動機があると思います。
走りのいいクルマ、といった機械の性能で車を買う時代ではありません。

時計はどうでしょう?
正確に時を刻む。
それってできて当たり前ですね。
いまどき一日5分遅れるかどうかで買う買わないを論じることはありません。
時計という機械の「機能」に問題があれば、問題外です。

そのうえで新しく時計を買うのは、アクセサリーとして、宝飾品として、あるいはデザイン性で買うのです。

昨日までは機能で売れたのです。今日からは興で売れ。

これこそ生き残りの原点です。
 
 

 

★優秀な経営者に寝坊な人はいない

2019年8月19日

おそらく数千人という規模で経営者の取材をしてきました。
私の独断と偏見で言わせてもらえば、寝坊な経営者で成功している人はいなかったと思います。
もちろん仕事自体が深夜という場合は、昼と夜が逆転しているという人はいるかもしれません。
そういう人は例外として、概して優秀な経営者程、早起きだと思います。

商売の基本は、雨が降ったら傘を売れということです。
世の中のニーズに俊敏に対応するということです。
だとすれば、いち早く雨に気が付かなければなりません。
他人より先に雨に気づき、傘を並べるというビジネスの原点を考えれば、他の人より遅く起きたのでは、何歩も出足から後れをとることになります。

これは物理的に早く起きるというだけにとどまりません。
何事においても一歩先を見据えて動く俊敏さが成功のカギということです。
どんな挑戦にも失敗が伴います。
その時にいち早く修正する余裕を作っておくことが大切です。

時間的余裕が判断の余裕を生み、対応策を生み出します。

つまるところ成功するかしないかは、そんな何でもない日頃の処し方によるのではないでしょうか。
 

 

祭りのあとの虚無感

2019年7月24日

参議院選挙は終わったが、何か虚無感しか残っていない。
誰も勝たなかった選挙なのだ。
一番負けたのは国会だ。投票率が50%にも及ばないという現実。国民の関心の低さというか、何も期待されていないということを深刻に受け止めるべきだ。
粗さがしと、パネルボードを持ち出してテレビの前で国会質問することだけに一喜一憂している軽薄な国会議員に国民は愛想をつかしている。
選挙結果は、自民、公明両党で71議席を獲得、改選議席の半数62を超えたが、自公と憲法改正に前向きな日本維新の会の「改憲勢力」では、改憲発議に必要な参院の3分の2(164)を割り込んだ。
立憲民主党は改選議席の倍に迫る17議席に伸ばした。しかし3年前あるいは6年前の段階でこの政党はなかったことを考えると「伸ばした」というほど支持が増えたとはいいがたい。政治団体「れいわ新選組」は比例で2議席を獲得、また政治団体「NHKから国民を守る党」も1議席を得たことを考え合わせると、反与党の意思を集める受け皿がいかに少なかったかということではないかという気がする。
既存野党のだらしのなさだけが印象に残る、後味が悪い選挙だった。
きわめて与党寄りというより首相よりの新聞が「安倍6連勝」と書き立てるほど実際には与党も勝ってはいないのだ。
安倍首相(自民党総裁)はテレビ番組で、改憲について「議論していけという国民の声を頂いた。国会で議論が進んでいくことを期待したい」と表明した。
改憲勢力の非改選議席は無所属を含め計79。改憲勢力で3分の2に必要な85議席に4議席足りなかったため、首相は国民民主の一部などの協力も得て、早期の改憲発議を目指す意向だ。
仮に改憲が発議され国民投票になって、果たして投票率が50%を超えるだろうか?
危機意識の乏しいこの国の行く末を案じる。

 

恍惚の人半世紀

2019年6月24日

 半世紀前、有吉佐和子さんの「恍惚の人」がベストセラーになった。
息子のことがわからないくらいなってしまった舅の世話に悩む嫁の苦労話だった。
当時は認知症などという言葉もなく「恍惚の人」というネーミングが話題になった。
その本を読みかえしてみて今ではどこでも聞くような話であることを感じた。
当時の日本では珍しい話が今は当たり前になっている。
2018年中に認知症か、その疑いが原因で行方不明になり警察に届け出があったのは前年比1064人増の16927人だったことが警察庁のまとめで分かった。
統計を開始した2012年と比べ1.76倍になった。
12年以降毎年増え、過去最多を更新している。
昨年中に所在確認できなかったのは197人だった。

 

少子化加速

2019年6月10日

今年の新成人数は125万人だった。
厚生労働省の人口動態統計によると2018年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は統計開始以来、最少となる91万8397人(前年比2万7668人減)となり、3年連続で100万人を割り込んだ。
つまり20年後の新成人は今年と比べて30万人以上減るわけだ。
3割も減る計算である。
少子化は止まらない。
女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す2018年の合計特殊出生率は1・42となり、前年から0・01ポイント下がったことが7日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。3年連続の減少。若い世代が減っており、安倍政権が掲げる「25年度末までに出生率1・8」の目標達成は厳しさを増した。10月から幼児教育・保育無償化が実施されるが、より実効性の高い少子化対策が求められる。
政府の対策の効果が上がることを期待はするが、現実には個人の事情に起因するものだけに経済環境の整備だけで解決するとは考えにくい。
生産人口減少を前提に国造りと考えることが令和の時代の基本戦略だろう。
AIによるロボット導入と外国人労働力の誘致以外に解決策は見当たらない。
ロボットと人間の仕事のすみわけ、また単なる実習生による助っ人ではなく、移民を認めることをタブーで議論しないで済ますことは許されない。
外国人が人生の大半をこの国で働く時代に、同権利を認めるか考えておかなければ欧米のようにデモやストライキ、果てはテロといった紛争の火種になる可能性を指摘しておきたい。

令和の時代、中高年の闘い

2019年6月 6日

 人生100年時代に48歳はまだまだ若い。
しかし小学生や中学生が活躍し、何より人工知能AIの進出が著しい囲碁将棋の世界にあってはもはや「晩年」なのかもしれない。
平成の怪物羽生善治さんは、近年「老い」と闘っているように見える。
羽生さんは史上初めて、七大タイトルを同時制覇。
その後も99期という最多タイトルを獲得、タイトル戦以外の一般棋戦で最多優勝(45回)など、数々の新記録を打ちたて2017年には、現在7つある永世称号の資格を全て獲得する「永世七冠」を達成し、18年に将棋界初の国民栄誉賞を受けた。
将棋界は若手棋士が次々に台頭、群雄割拠で多くの棋士がタイトルをもち、藤井聡太七段をはじめ十代の棋士も次々に活躍している。その背景にはコンピュータによるデータ分析が巧みな若手ほど多くの棋譜を会得し実戦に活用しているという「修行のイノベーション」がある。「昭和の怪物」大山康晴十五世名人の時代まではいわばアナログの時代、それを平成の時代代わりに登場した羽生さんは、出始めたパソコンなども活用する先駆者であった。
先日その大山さんの記録通算勝利数1434勝を上回る歴代最多勝を記録した羽生さんは、直近ではすべてのタイトルを失って称号がなくなり「九段」を名乗っており、引退もうわさされる状況だ。
令和の時代に平成の怪物がどう踏ん張れるか、それは時代に抗う中高年の苦闘と受け取れる。
頑張れ、羽生さんと声をかけたくなる人も多いに違いない。

 

外国人観光客誘致に最大の援軍、世界遺産ブランド

2019年5月17日

最近は世界から観光客が来る時代。
関空という外国人のゲートウエイ近くの世界遺産は経済効果大とみる。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関は日本最大の前方後円墳「仁徳天皇陵古墳」(大山古墳、堺市)を含む大阪府南部の「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産に登録するよう勧告した。全49基の古墳が対象。文化庁が発表した。

6月30日~7月10日にアゼルバイジャンで開かれるユネスコ世界遺産委員会で正式に決まる見通しで、天皇や皇族が葬られた「陵墓」が世界遺産になるのは初めて。
令和に入り最初の世界遺産となる。

登録されれば日本の世界遺産は文化19、自然4の計23件となる。
文化遺産の登録は、2013年の「富士山」以降7年連続。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11