「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2018年4月13日

消費税引き上げと政局

2018年4月 3日

新入社員の第一関門

2018年4月 2日

プロ野球開幕に想う

2018年3月28日

何をやってるんだよ 日本は!

バックナンバー

のぞみで深刻事故、リニアで談合 おいおい大丈夫か?

2017年12月20日


JR西日本の博多発東京行きのぞみ号で起きた台車亀裂事故は、大惨事につながりかねない深刻なものだったという。

厚さ8ミリの鋼材でできている台車枠が縦17センチの両側面に14センチの亀裂が入り、あと3センチしか残っていなかった。

ここで思い出すのが神戸製鋼のデータ改ざん問題だ。

新幹線にも使われている鋼材の試験データが改ざんされていた。

しかもそうしたことは神戸製鋼ではなく自動車メーカーなどの検査でも不正が長年続いていたことが相次いで発覚した。

メーカーのずさんな管理体制のツケが原因の一つにあるとしたらこれは大問題だ。

原因究明を徹底しなければならない。

日本企業のなれ合い体質が最近また問題になっている。

同じ新幹線の次世代を担うリニアでも建設会社の談合問題が発覚した。

メーカーでもゼネコンでも、現場レベルのなれ合いが不正を生む。

本質は同じだ。

以前北海道でレンタカーを利用中、下りの山道でブレーキが利かずガードレールにクルマをわざとぶつけてようやく停車させた経験がある。

レンタカーを借りるとき外観の傷をチェックさせるが、エンジンやブレーキなどを 利用者はチェックできない。

ブレーキが利かなかったことを利用者が立証するのは難しい。

事故が起きる前の企業側の責任は無限に重い。

トラブルの真相

2017年12月19日

クレーマーで販売員がノイローゼのよう追い込まれるということが労働組合などの調査で明らかになっています。

確かに度が過ぎるクレームで日常業務に差し障るような事例も多いと思います。

ただ、初期対応をもうすこし上手にしておけば、騒ぎにならなかったというケースもまたあるのではないでしょうか。

クレーマーの被害を訴える側にも問題はなかったのかということです。

一方的な申告ではわからない、トラブルの真相というものに私は興味があります。

セクハラで男性が訴えられるという事例も実は女性が好む男性からの一言なら悪い気はしなかったけれど、たまたま嫌いな男性だったからセクハラと会社で問題にするということはないでしょうか?

若い男性が社内恋愛などに消極的になる遠因かもしれません。

そういえば数年前電車の中で女子高校のグループが「カネがなくなったら痴漢と騒げば男は慌てて金を出す」と言っていたのに戦慄したことがありました。

トラブルではありませんが、宿やレストランのネットサイトの書き込みというのも よくわかりません。

日頃贅沢をしている人が「ひどい宿」と思っても、旅行など行ったことがない人から見れば「いい宿でした」となります。

要は当事者の経験値により同じ宿やレストランの評価は変わるものです。

どんなことでも人により違う評価が生まれます。

客観的な立場とは何か、声が大きい人の意見だけが通るという事では困ります。

 

上手な話し方のコツ

2017年12月14日

ヒトとして生まれたからには、相手とコミュニケーションをとるという当たり前のことは朝飯前と思いきや上手に話せないと悩んでいる人は意外に多いものです。

特に若者はスマホと付き合うのは得意でも、対面で人間と話すのは慣れていないと言う人が多くいます。

学生ならともかく、社会に出ればそれでは通用しません。

特に敬語の使い方が全く訓練されていないという人が目立ちます。

ワンポイントアドバイスをしましょう。

自分のことを「わたくし」と言うのです。

そうすれば結語は自然と収まります。

俺でも僕でも私でもなく、「わたくし」です。

試してみてください。

 

ありがとうに言い過ぎはない

2017年12月13日

いちばん素敵な日本語は ありがとう
何度聞いても嬉しい言葉 ありがとう

あるラーメン屋さんでレジ精算からおつりのやり取り、そして店を出るまでにありがとうございますを13回言ってもらいました。

けっしていやらしくなく、誠意が感じられました。
マニュアルで13回言えとは書いてないでしょう。

その店員さんの気持ちがこもっていました。
ありがとうに言い過ぎはありません。

 

東京オリンピックで進めよ 電柱地中化

2017年12月11日

海外の無電柱化率はロンドン、パリ、香港が100%、台北95%、シンガポール93%、ソウル46%、ジャカルタ35%などとなっている。

日本の無電柱化は、欧州はもとよりアジアからも大きく遅れをとっているのだ。

それどころか、NPO法人「電線のない街づくり支援ネットワーク」のホームページによれば、日本の電柱の総数は約3300万本もあり、年間約11万本のペースで増え続けている。

この数字を見ると、無電柱化推進法ができても、実際問題として無電柱化を一気に進めるのはかなり難しいだろう。

なぜこうなるのか?

国(および市民)が「街の景観」に無頓着だからである。

日本には世界で最も窮屈な建築基準法があるが、そのどこにも街の景観についての具体的な記述は出てこない(「景観地区」「準景観地区」などの用語はでてくるが)。

建築物の敷地、構造、設備、用途などについてはガチガチに決めているくせに、そもそも街の景観はどうあるべきか、何も書いてないのである。

だが、街の景観は、不動産の価値を決める最も重要な要素である。

たとえば、高級住宅街の代名詞である東京・田園調布の価値は、その景観がもたらしている。

多くの人が「こんな街に住んでみたい」と思うから不動産の価値が上がったのである。

しかし、その認識が国に欠如しているため、日本全国津々浦々まで電柱だらけ、電線だらけになっているのだ。

スイスのインターラーケンでは、どの家も窓辺にゼラニウムの花を飾っている。

あれは実は、観光地として絵になる景観を演出するため、窓辺にゼラニウムを飾らなければならないという決まりがあるのだ。

また、ギリシャのサントリーニ島は家々の白い壁と教会の青い屋根の美しいコントラストで有名だが、これも白と青にしなければならないと決まっているのだ。そして、そういうことを決めているのは、すべてその市町村、つまり地方自治体とその住民である。

無電柱化についてはコストの高さも指摘されている。

しかし、無電柱化すると決めたら、それは必要な投資であり、日本はその程度の投資ができない国ではないだろう。

すでに民間企業やNPOが様々なコスト低減策を提案している。電力会社や通信会社を含めて取り組めば、決して不可能なことではない。

そもそも無電柱化は街の景観を良くして不動産の価格を上げるのだから、これは立派な「成長戦略」だ。

アベノミクスでも「第3の矢」(民間投資を喚起する成長戦略)として策定した「日本再興戦略」の中に無電柱化の推進を盛り込んでいるが、その目的は「観光地の魅力向上等を図るため」となっている。

しかし、無電柱化の本来の目的は、その街に住んでいる人々の資産価値を上げることや安全や防災にある。

無電柱化を実現でいるか否かは、地方自治体が国任せにせず、責任感を持って自主的に取り組むかどうかで決まるだろう。


『武器としての経済学』大前 研一著(小学館)より 部分引用

 

パンとサーカス

2017年12月 8日

どのチャンネルも朝から晩まで日馬富士問題。

選挙までは小池劇場、その前は豊田「このハゲー」に、山尾不倫問題・・・・

要は何でもいいのです。

暇潰しに同じ映像を繰り返し流し、識者という名の実は芸能プロダクションから押し込まれたコメンテーターたちがスタジオでエラソーなことを言っていれば視聴率を稼げるという。

かつてはせいぜいフジテレビしかやらなかった低俗なワイドショーのつくりを今や各局が真似て、しかも朝から晩まで流し続けています。

これでは良識ある視聴者がテレビ離れを起こすのも当然です。

軽チャーもここに極まれり。

国民にはパンとサーカスだけを与えておけば体制は安泰。

ロ―マ帝国もやがては滅びました。


 

ものを頼むときいちばん忙しそうな人にたのめ

2017年12月 7日

忙しい人は時間の使い方を知っています。
つまり処理能力がありノウハウと人脈を持っています。

一見暇そうに見える人も実は本人は忙しいと思い込んでいるかもしれません。
そういう人は処理能力がなく、経験もないためものを頼まれてもどうしていいかわからないのです。

だからこそ一番忙しいそうに見える人に頼み事をするべきです。


 

時間の使い方

2017年12月 5日

職場内で尊敬されているある上司は、多くの仕事を抱えていても、「忙しい」という言葉を口にしたことがありません。

スイスの心理学者アルフレッド・ビネーの格言に「いちばん忙しい人間が、いちばんたくさんの時間を持つ」とあるように、この人は、隙間時間を大切にしています。

まとまった時間が作れなくても、五分や十分という細切れの時間は、一日のうちに必ずあるものです。

そうした時間を有効に活用しましょう。たとえわずかな時間でも、積み重ねることで、有意義な時間となるでしょう。

もちろん、わずかな時間を、ただボーッと過ごしていては何も生まれません。

始業前に、仕事にかかる目安時間のおおまかな予測を立てて、細切れの時間ができたら、すぐに活用していくことが大切です。

わずかな時間を有効に活用できる人は、様々な経験を積むことができ、より多くのことを身につけられるでしょう。

 

キャッチボ―ルしてますか

2017年12月 1日

人脈とは何か?

相手と頼んだり頼まれたり

一方通行ではなくお互いが貸し借りを均等にすることです。

相手を利用するだけなんてもってのほか

相手にトクをさせることをまず考え、

貸しが多いくらいがうまくいきます。

キャッチボールもできない付き合いなんて付き合いではありません。

 

最近読んだ雑誌で気になる記事から引用します

2017年11月30日

 ちょっとした失言、不倫騒動、対して問題にするに値しない公金使い込みや公用車の私的使用、近い関係にある民間人を優遇したかに見える兆候など、何か少しでも「正義の建前」に抵触するようなことがあると、大げさに騒ぎ立てて政治家を引きずり降ろす。
大衆民主主義はこの風潮を蔓延させてきました。
道徳的と書きましたが、こういう空気が過度に蔓延する背景には、じつは権力に対するナイーヴなルサンチマン(恨み)があります。
自分たちがそんなに清廉潔白なのかどうか、胸に聞いてみればすぐわかることなのですから。
 もちろんこの空気づくりの最大の犯人はメディアです。メディアは売れればよいので、誰にでもあるこうした下品な感情の部分を巧妙に刺激するわけです。
もともと迎合主義的な政党・政治家は、この種の空気にじつに弱い。
自党の政策が正しいと思うなら、その信念に基づいて堂々と政見の違う人を「排除」すればよいのです。
 また、そんな些細な言葉の問題で大きく票を落としたとすれば、政策の中身も見ずにたった一つの言葉に過敏に反応する有権者にも責任があります。
つまりは、どっちもどっちなのです。(Voice 2017.12月号より引用)

 

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11