「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

ブログ

最新記事

2019年2月 5日

日本の針路

2019年1月21日

1月18日という記念日 

2019年1月15日

一度気が抜けると・・・・

2019年1月11日

春が待ちどおしい

バックナンバー

永田町 無責任なスズメのさえずり

2017年10月10日


「希望の党の総理大臣指名作戦がわかったよ、それにしてもあいつは恐ろしいな」
「エッ?小池さんは国会議員にならないんだろ」
「そうだよ、今知事を辞めれば無責任と総攻撃を受けるからね。キングメーカーのほうがいい」
「誰だい そのキングは?」
「いや おっさん政治打破がヒントだよ、キングじゃなくてクイーンだ」
「?」
「野田聖子」
「エッ?安倍内閣の現職大臣だぜ」
「そうだよ、それを引きぬいて勝手に希望の党と維新の会が総理大臣指名で野田聖子って書いちゃうのさ」
「石破という話はあったよね」
「あれはダミーだって石破もわかっているから怒ってる。野田は総裁候補と言っても自力では難しいよね。そこで希望の党が総理に指名するよと誘えば野田も乗るよ」
「もともと小池とは仲いいしな」
「だいたい希望の党にはタマがいない、ならば小池は自分が都知事を続けている間妹分の野田に総理をやらせれば恩を売れる」
「確かに安倍政権にとっての打撃も大きいしな」
「これで今自民党内は大変みたいだぜ」
「自民党の議席が減ると小池が手を突っ込んでくるって、守りに必死なのさ」
「なるほど、小池の恐ろしさでみんなビビってるわけだ」
「小沢流を知ってるからね」

 

ハガキを書く大切さ

2017年10月 6日

神奈川県に田川誠一という代議士がいました。
朝日新聞出身で、大臣まで務めた人でしたが、選挙にめっぽう強かった人気の秘密があります。
その秘密は「ハガキを書くこと」でした。

田川さんは横須賀の自宅から、横須賀線で一時間半以上かけて国会に通っていました。
クルマも使わず、グリーン車さえ使わない。
そして電車の中でひたすらハガキを書き続けることを日課としていました。

一日何十枚ものハガキを書く。
電車の中だから字が曲がっていたりする場合もあった。
それでも国会議員から直筆のハガキが何枚も届くと、もらった方は感激します。

田川さんのこのハガキによる人脈形成は、漫画の題材にもとりあげられ子供たちにも紹介されたほどでした。

地盤、カンバン、カバンという政治家の三条件を持たなくても、全国有数の得票をあげられる選挙の強さはここにあると教えられました。

私は田川さんから学んだハガキ作戦をもう40年続けています。

例えばこんなことがありました。

就活の時、ある人の紹介で自動車ディーラーの社長に会うことができました。
第一希望は違う会社と断りながらも世の中について自分の考えを率直に伝えました。

会食の帰りの電車の中で、もらった社長の名刺あてにハガキで礼状を書き、帰宅前に投函しました。

翌々日の朝早くその社長から電話がありました。
「すばらしい。うちの営業マンに教えてもできないビジネスの基本が身に付いている。君は間違いなくナンバーワン営業マンになれる。ぜひうちに来てほしい」

大変嬉しい電話でしたが、自分はマスコミ志望なので、と丁重にお断りしたところ

「それなら新聞社に推薦状を書いてあげる」と言い出したのです。

正直言って推薦状と言うものがどれだけ意味あるかは疑問でしたが、ありがたくいただくことにしました。

同様にお願いしたわけではないのに、新聞社に推薦状を出すと言ってくれた有力者が何人か現れました。

その中にあの田川代議士もいました。

メール全盛の時代だからこそ、ハガキはなお一層効果的だと思います。

人の行く裏に道あり花の山

2017年10月 5日

兜町の有名な格言ですが、
どんな社会でも通用すると思います。
他人と同じことをやっていては成功しない。
あえてリスクを背負って、冒険をしてみる。
他人が考えそうもないことをやってみる。

官僚や大企業、つまり権威と大組織の中にいるとこんな冒険心はないものです。
それでやって行かれるうらやましい人はそれでいいのです。
少なくとも私が話しかけている人は、
在野で、中小企業で、挑戦者で
持たざる立場の人だという前提があります。

私に対して、お前はだからダメなんだ、金持ちの論理が分かっていない。
と、おしかりをいただいた方にはこれまでもお引き取り頂きました。

そういう人は私のお友達ではありません。
さようなら

ずるい人 志のない人

2017年10月 4日

悲劇的なことは、

現状打破のアイデアを必死に考えた人を、考えようともしなかった人が、そんなアイデアはダメだと貶すことです。

そんな精神風土から進歩は生まれないのに、世の中の組織にはそんな人が数多くいるのです。

自分でリスクは背負わない。

万が一失敗すれば上司から失格の烙印を押される。それだけを恐れている臆病な人。

自分からは冒険はしない。

いまここで冒険をしなければ組織を救えないと、あえて火中の栗を拾おうとする人を、貶すことで沈みゆく大船の中での生きのこりをはかる。

そんな醜い人、

ほら、たくさんいますね。

 

大樹ってなにさ

2017年10月 3日

大企業に入った人が「寄らば大樹の陰」というならまだわからないでもない。
目も当てられないのが、外から見ればたいした「大樹」でもないのに、「自分は大樹の陰にいる」と勘違いしている人がなんと多いことか。
ここまで書いて、しばらくそんな人が私の知る範囲で、何人いるか数えてみる。
まあざっと500人はすぐに挙げられる。
勘違いですよ、どう考えてもおたくは大樹なんて言えませんよ、と教えて差し上げたいくらいだ。
自分のことが一番見えないものなのだ。

 

さらば大樹

2017年10月 2日

かつてKDD事件で捕まった社員が東京地検に対して「天下のKDDに、歯向かうのか」と言ったという新聞記事を読んだことがある。
天下の国鉄、天下の三越、天下のJAL、天下のIBM、天下の朝日新聞、と社員・職員自らが言ってはばからなかったところが、その後どうなったのか?
近年では天下のシャープ、天下の東芝である。
だいたい自らが天下の★★などというところほど、危ないものである。
そういえば、私自身の就職の窓口になった人事担当者が、天下のNHKとか言ってたっけ・・・。

寄らば大樹、と思って入社したような「か細いエリート」が、大木が嵐で倒れそうな時に自らが大きな組織の支え役になれるわけがない。
一度傾きだしたら巨木はもろいのも、内部がすでに朽ちているからだ。

不倒神話、というものは所詮神話にすぎない。

これからの混迷の時代、自らが先頭に立ち、新しい地図を描く人が求められている。

寄らば大樹ではなく、さらば大樹の気概をもちたいものだ。


 

似てきたな 恩師細川 8党の 連立なぞる 国盗り百合子

2017年9月29日

ワールドビジネスサテライトのゲストにたった一人で日本新党を作った細川護熙さんが招かれ、番組終了後の控室で小池百合子キャスターに出馬を促します。
その後日本新党は総選挙で見事大勝利をつかみ、8党の大連立があれよあれよという間にできて、細川総理が誕生しました。
間近でそれを見ていた小池さん。
いま、政界で始まった大激震のルーツはあの大連立政権誕生前夜を思い起こさせます。

問題は都知事で国会に議席を持たない小池党首が旗頭では総理候補がいない野党連合。

わずか1年で、オリンピックを前に知事を辞めるわけにもいかず・・・。
いやまてよ、それは常識の判断で、常識の通じない判断の人ならひょっとすると??

総理になることが夢でそのために都知事を通過点としてきた女性ですからね・・・・

 

優秀な経営者は沈思黙考の習慣がある

2017年9月28日

ITベンチャ―の経営者などは概して若手が多いのですが、座禅や陶芸、お茶など意外な趣味を持っている人が多いことに気づきます。
寡黙な時間を一人で過ごすということです。
そして上の世代のようにゴルフ付き合いはあまりしないようです。

好き嫌いや人生の過ごし方に関わりますから皆が一様ではありませんが、いずれにしても一人でいる時間を多くとる工夫をしていることは重要なポイントではないでしょうか。

会議や接客に多くの時間を取られる日々。
いかに一人になってじっくりと考える時間を確保するか、
これは大切なことです。

規模の大小はともかく、組織の上に立つものは自分で論理を作り、戦略を練り、最後の決断は自分でしなければなりません。
参謀は大切ですが、参謀は決定はしません。

トップは孤独なものです。
孤独になれておかねばなりません。
最後に頼るのは自分なのです。

 


 

優秀な経営者は 総じて観察力が鋭い

2017年9月27日

私が師と仰ぐ、日本マクドナルド創業者、藤田 田さんは、銀座通りが見通せるビルに自室をもっていました。
毎日そこから銀座ウォッチングをするのが彼の日課でした。
「西村さん、銀座通りを歩く人のスピードを見て景気を判断しているんですよ。不景気になるほど、みな目的地にまい進するからスピードが速くなりがちです。ゆっくりになってくると景気は良くなりはじめるもんです」
藤田さんは、ここからマクドナルド1号店の立地を4丁目の三越前に決める。
「ここから見てあそこが一番人がたまっていたんです。1号店はあそこや、前から決めていました」

一葉落ちて天下の秋を知る
秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる

何気ない日々の中で、かすかな変化を嗅ぎ取る力。
これこそ経営者に求められています。

ただ漫然とではなく、注意深く見る。
これこそ観察力です。


 

優秀な経営者は 考える足である

2017年9月26日

黒塗りの車で送り迎え。
自分の足で歩くのはゴルフ場だけ。
そんな経営者もいることはいます。
うらやましいです。
でも、正直言ってそんな社長でいられるなら苦労はありません。
盛者必衰の理、それが長続きするかはわかりません。

経営者の資質はアンテナです。
時代の変化を俊敏にかぎ取り、機を見るに敏の決断で会社の舵をとる。
こう考えるのが普通ではないでしょうか。

その点、朝の散歩やジョギングに始まり、極力電車に乗って車窓から中づり広告、そして満員電車に乗る人々の観察をするような経営者は常にアンテナ感度を磨くという方が普通ではないでしょうか。

新聞やテレビ、ラジオにネットといったメディアからの情報収集は当然です。
でも、それらの情報なら他の人でも集めることは可能です。
しかし、街を歩きながら見つけ考えたことは、その人のオリジナル情報ですし、
さらに言えば、ヒトの口から出た言葉は、その人しか手に入れることができないものです。

五感のアンテナを張り巡らす。
それはやはり自分の足で街を歩くことが基本です。

優秀な経営者は足で考える。
考える葦ならぬ 足で考えるのです。


 

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13