「西村晃のマーケティングの達人 大繁盛の法則」企業経営・売上アップのヒントを提供

テーマ別企業紹介

動画が再生できない場合は、Adobe Flash Player の最新バージョンをインストールしてください。→Adobe Flash Player を取得
動画の再生が遅い場合は、「一時停止」ボタンを押してうす緑色の読み込みメーターが十分に読み込まれた後に
再度「再生」ボタンを押してください。

マーケティングや経営の相談にものる、人事の専門家「キャリアファーム」。

「経営者の皆さん、あなたの助さん格さんは居ますか」こう訴える人材紹介会社「キャリアファーム」。
旬の会社が求める人材像を自らの経験から把握、求める会社に求める人を紹介する。とくに「雇われるだけ」でなく自ら判断できるまさに経営者の右腕となれる人材を探し出す匠の技が持ち味。

キャリアファーム

自分のキャリアを考えて転職することは、当たり前になった。
年間の転職者数は、ざっと300万人強。このうち、有料職業紹介事業、つまり人材紹介会社を利用して転職する人は、約37万人にも及ぶ。特にホワイトカラーと称される人たちにとっては、もはや無くてはならない存在だ。
一方、人材紹介会社の事業所数を調べてみると、全国で何と17,088ヶ所。事業所数=会社数ではないが、この業界の競争の激しさがうかがえる。

その中で、独自のスタンスと強みを持っているのが、「キャリアファーム」である。
創業者の一人、松岡保昌さん。
リクルートで組織人事コンサルタント、その後ファーストリテイリングで人事の執行役員、ソフトバンクではブランド戦略室長という異色のキャリアの持ち主だ。国家資格のキャリア・コンサルティング技能士の資格をもつ。
「人材業界には、確かに人事に詳しい人は多いが、マーケティングやブランディング、それに経営を理解したうえで、人事の視点から経営者にアドバイスできる人は少ないのです。人事の専門家としてだけではなく、経営やマーケティングまでトータルに解るからこそ、経営者の良き相談相手になれるのだと思います」
松岡さんはこう語る。

「キャリアファーム」の事業内容は、幹部候補の人材紹介と人事制度や教育研修などの組織人事コンサルティングだ。特に人材紹介は、経営者の片腕となるような幹部候補に特化している。ベンチャー企業の経営者や、自分の体制を作ろうとしている2代目、3代目社長からの依頼が多いという。

「単に人を紹介するのではなく、経営者との相性や、志を共有できるかまで考えながら紹介します。職種に基づく人材要件だけではなく、企業文化や社長が描く未来像まで含めて、その会社に相応しい人を探し出します。このような紹介は、大手の紹介会社が一般的に行っているような、コンピューター上の機械的なマッチングではなかなか実現しないはずです」
これこそ「キャリアファーム」ならでは、と松岡さんは力を込める。
「気が付けば、営業の新規開拓から、新規事業の立上げまで、結局全て自分一人でやっている、という経営者も少なくありません。社長が指示し、社員はそれをこなすだけ。意識改革やモチベーションを高めるための仕組みが必要です。社長と一緒に考え、同じ想いで動いてくれる人が社内にいないようなら、会社の成長にはおのずと限界があるのです。水戸黄門も、助さん格さんあっての活躍。経営者の皆さん、あなたの助さん格さんは居ますか」と松岡さんは呼び掛ける。

「人手」を確保するのではなく、「手」より本当に大切な「頭脳」を探してくれる会社、そして優秀な「頭脳」をさらに鍛え、会社全体の動きに結び付けてくれる会社、それが「キャリアファーム」だ。

オフィシャルサイトはこちら